化学物質過敏症 つきあいかたのヒント
化学物質過敏症(CS)と電磁波過敏症(ES)とともに歩む泣き笑い日記
最新コメント

プロフィール

Author:なごみ
自宅の外装工事がきっかけで化学物質過敏症と電磁波過敏症をほぼ同時に発症。その後、一進一退を繰り返していますが、できる限り普通の人として生きたいと思っています。

発症してしばらくは孤独な日々だったので、初めてCSの仲間と出会ったときは本当にうれしかったです。そんな人がきっとほかにもいるに違いない、との思いから仲間への呼びかけを始めました。発症から7年目のいまは多くの仲間たちに支えられて感謝の日々です。(2008年10月記)

・CS和の会代表
・カウンセラー
・シックハウス対策アドバイザー

【化学物質過敏症とは】
ごく普通に身の回りにある建材、家庭用品や化粧品などに含まれる化学物質に反応して、さまざまな身体的、精神的症状があらわれます。
まだ未解明な部分はありますが、ある一定量の化学物質にさらされると、
それ以降は微量の物質にも過敏に反応するようになるといわれています。
発症すると、ごく普通の社会生活がほとんどできなくなる人もいます。

【電磁波過敏症とは】
家庭内で使われている電気製品や携帯電話、パソコン、送電線などから出る電磁波で、化学物質過敏症と似た症状を起こすことが知られています。
化学物質過敏症と電磁波過敏症の併発率は80%と言われています。
     * * *
詳しいことは下記のサイトをご覧ください。
・ 化学物質過敏症支援センター
  http://www.cssc.jp/
・ 電磁波問題全国ネットワーク
  http://www.gsn.jp/index.htm
・ CS和の会~化学物質過敏症の仲間たち~http://home.n01.itscom.net/wanokai/

【注】 化学物質過敏症は反応するものがそれぞれ違うので、私が大丈夫のものでも他の方に大丈夫とは限りません。ここに掲載されているものをご利用なさる際は、あくまでもご自分でご判断くださいますようお願いします。

最新記事

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

FC2カウンター

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

CS仲間と会いました。
7月5日、高知県から上京してこられた発症者仲間と会いました。
2年前、私が高知に行ったときお世話になった方です。

関東方面の仲間たちにも会いました。
久しぶりに会った方や初めての方もいて、
とても楽しく新鮮な時間でした。

新しい情報もたくさんいただきました。
発症者仲間からの情報はすぐに役立つものばかりで
本当にありがたいです。
美味しいお料理をいただきながら
楽しくてあっという間の時間でした。

自宅から都内の親戚の駐車場まで車で行き
そこから電車で向かったのですが、
電車の中は携帯やスマホの電磁波が飛び交い
制汗剤や柔軟剤臭が立ち込めていてきつかったです~。

やっぱり化学物質や電磁波をたくさん浴びたんでしょう。
だんだんつらくなり、帰りの運転中に頭がボーっとしてきたので、
途中のサービスエリアの駐車場に車を止め、
しばらく仮眠してから家路につきました。

普段、限られた中で生活しているので元気でいられるため、
自分が過敏症であることを忘れがちですが
普通の社会に出ると過敏症であることを思い知らされます。


具合悪くなってまでそんなことしなきゃいいのに、
という声が聞こえてきそうですが・・・、

残り少なくなってきた人生、
後で少々倒れたとしても、やりたいことはやりたい。
いま置かれた場所で自分を精一杯生かし
有意義で楽しい人生を送りたいです。

高知に行った時の日記
http://nagsan.blog105.fc2.com/blog-entry-570.html
http://nagsan.blog105.fc2.com/blog-entry-571.html


フォーラムでおしゃべり会
7月2日はおしゃべり会でした。

参加者は11人、場所はいつも定例会を行なっている
男女共同参画センター(フォーラム)のセミナールームを借りました。

それぞれで持参した昼食を食べながら和気藹々、
たっぷり時間があったのでたくさんの話題に花が咲きました。

後半には社会保険労務士の方が来てくださいました。
障害年金についての概略をお聞きしてから
メンバーからの質問に答えていただきました。

これまで、障害年金について思い違いをしていたり
自分とは縁のないことと思っていた人が
身近な制度と考えられるようになったのはよかったです。

発症すると仕事を失ったり、
食べられる食材の購入や生活用品の買い替えなどで
経済的に困窮している人も少なくありません。
そんな方は、
一度障害年金のことも考えていただければと思います。

暑い中のお出かけでしたが、
皆さんその後体調いかがですか。
体調悪化で途中で退席された方、
会場までたどり着けず引き返さざるを得なかった方、
その後大丈夫ですか。

暑いときは本当にきついです。
この夏を上手に乗り越えて、
暑さが収まったころ、またお会いしましょう。



テレビ番組のお知らせ≪今夜です≫【追記あり】
今日の新聞のテレビ欄に
今夜9:00~10:54
日本テレビ4チャンネル
【ザ!世界仰天ニュース】という番組内容に、
「寿命40歳代…ロシア化学兵器の町」
「スマホ家電汚染…恐怖の真実」
と載っているそうです。

和の会のメンバーから情報をいただいてから
(私は新聞をとっていないので)
キーワードでネット検索しましたが
テレビの番組表にもテレビ局の番組案内にも
他の内容は載っているのにこの内容は出てきませんでした。

こっちのほうが皆に知って欲しい内容なのに
一般的には優先順位低いってことですかねえ・・・

スマホの健康被害についてもっと広く報道してほしいです。

【追記】
先ほどお知らせしたスマホに関する番組の内容について、
いまテレビで予告が流れたのですが、
どうやら、スマホの電磁波の問題ではなく
廃棄物としての問題のようです。

廃棄物問題も重要ですが
電磁波の健康被害も深刻なんです。
次はこちらも扱っていただきたいです。


スマホ汚染から赤ちゃん・子どもを守る
リーフレット スマホ汚染

上記の小冊子が鳥影社から出されました。
著者は「あらかい健康キャンプ村」や「スマホ汚染」などを書いた
古庄弘枝さんです。

この頃はどこに行ってもスマホ片手の人が多くて驚きます。
赤ちゃん抱っこしてずーっとスマホしているお母さんを見ると
ハラハラします。

バカと鋏は使いよう、というけれど、
スマホもあくまでも道具です。
ものは上手に使ってこそ意味があるんです。

今の世の中、スマホに限らず
通信機器や電気製品を否定しては生活できないけれど
それらには健康被害もあると知ったうえで
上手に使って欲しいものです。

「スマホ汚染から赤ちゃん・子どもを守る」
http://www.choeisha.com/pub/books/55592.html

「スマホ汚染」
http://www.choeisha.com/pub/books/54861.html

「あらかい健康キャンプ村」
http://www.shinsui.co.jp/detail.php

定例会の報告
6月12日は定例会でした。
参加者は新しい方も含めて10名。

話題として、
熊本地震のこと、災害時の備えについて、
症状をかかえての仕事のこと、歯科治療について、
使える電気製品について、乗れる車について、
煙草(受動喫煙)について、
防虫剤や柔軟剤、家族との関係等々。

参加者が多かったこともあってたくさんの話題で盛り上がり、
活気のある会になりました。

新しく参加した方から
「普段の生活でまわりの人に理解してもらえなかったり、
話せずにいたことを話せて救われました。」
と言われました。
このように言われることが
会をやっていての何よりの力になります。
感謝です。

これから本格的な暑さに向かいます。
8月の定例会はいつも通りお休みで、
次の定例会は10月9日(日)です。

夏を上手に乗り越えて、また元気でお会いしましょう。





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。