化学物質過敏症 つきあいかたのヒント
化学物質過敏症(CS)と電磁波過敏症(ES)とともに歩む泣き笑い日記
最新コメント

プロフィール

なごみ

Author:なごみ
自宅の外装工事がきっかけで化学物質過敏症と電磁波過敏症をほぼ同時に発症。その後、一進一退を繰り返していますが、できる限り普通の人として生きたいと思っています。

発症してしばらくは孤独な日々だったので、初めてCSの仲間と出会ったときは本当にうれしかったです。そんな人がきっとほかにもいるに違いない、との思いから仲間への呼びかけを始めました。発症から7年目のいまは多くの仲間たちに支えられて感謝の日々です。(2008年10月記)

・CS和の会代表
・カウンセラー
・シックハウス対策アドバイザー

【化学物質過敏症とは】
ごく普通に身の回りにある建材、家庭用品や化粧品などに含まれる化学物質に反応して、さまざまな身体的、精神的症状があらわれます。
まだ未解明な部分はありますが、ある一定量の化学物質にさらされると、
それ以降は微量の物質にも過敏に反応するようになるといわれています。
発症すると、ごく普通の社会生活がほとんどできなくなる人もいます。

【電磁波過敏症とは】
家庭内で使われている電気製品や携帯電話、パソコン、送電線などから出る電磁波で、化学物質過敏症と似た症状を起こすことが知られています。
化学物質過敏症と電磁波過敏症の併発率は80%と言われています。
     * * *
詳しいことは下記のサイトをご覧ください。
・ 化学物質過敏症支援センター
  http://www.cssc.jp/
・ 電磁波問題全国ネットワーク
  http://www.gsn.jp/index.htm
・ CS和の会~化学物質過敏症の仲間たち~http://home.n01.itscom.net/wanokai/

【注】 化学物質過敏症は反応するものがそれぞれ違うので、私が大丈夫のものでも他の方に大丈夫とは限りません。ここに掲載されているものをご利用なさる際は、あくまでもご自分でご判断くださいますようお願いします。

最新記事

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

FC2カウンター

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

今年初のおしゃべり会
1月28日(日)はおしゃべり会でした。

場所は、自然食品店GAIAネット伊勢原オープン倉庫のセール。
参加者は3名でした。

倉庫内をあちこち歩き回り、
商品を手に取ったり説明を聞いたりしながら買い物をしました。

無添加石けんやシャンプーなどの雑貨類
オーガニックのパスタや調味料、ナッツやチョコレートなどのお菓子等
普段から利用しているものが目の前に並んでいるのがとてもうれしいです。
しかも、この日は商品全部が10%OFF。
頑張っている自分へのご褒美にカカオ70%のチョコレートを買いました

居合わせたお客さんに香料臭い人がいない。
これもうれしいことの一つです。

すごーく寒い日のうえ、暖房のない吹きさらしの倉庫なので
震えるほど寒かったけれど、
試食も出来たし、福引の景品選びも楽しめ、
いい一日になりました。

GAIAネット
http://www.gaia-ochanomizu.co.jp/shop/pages/soko.aspx/


米国やカナダでは香料禁止の動きが拡大
Business Journalの記事です。

私の周りには香料で苦しんでいる人が大勢いますが、
発症者だけの問題でないことを分かってほしいです。
特に、次世代や次々世代の人たちへの影響が心配です。

ーーーーーーーーーー
「香害」が深刻化・・・芳香剤の健康被害続出、発がん性の指摘も

http://biz-journal.jp/2017/12/post_21662_2.html

米国やカナダでは香料禁止の動きが拡大

 香りビジネスが先行した北米では、香料の使用を規制している都市も出現しています。10年にミシガン州デトロイト市は、市職員に香料の使用を禁止しました。市職員が同僚の香料で呼吸困難に陥ったことがきっかけでした。

 翌11年には、オレゴン州ポートランド市も市職員に香料着用の自粛を呼びかけています。また、オクラホマ州タトル市も、香料の使用自粛を訴えるなど、全米に香料使用自粛の動きが広がっています。

 カナダでも香料使用自粛の動きは活発で、11年にノヴァスコシア州ハリファックス地域都市は、「職場での香料不使用」を宣言しました。以来、カナダでは無香料宣言をする企業・学校・病院が増え続けています。

 当然、脱臭芳香剤を販売する企業は売り上げ減になります。そこで次の有望市場として日本にターゲットを置き、「脱臭香りビジネス」を大展開しているのです。

 しかし、香料には危険な合成化学物質が多数使われているということを、消費者は肝に銘じておかなければいけません。さまざまな香り付け製品に使われている香料の99%は合成香料で、日本では約300種類近く製造されています。その中の十数種類をブレンドして香料として使っています。

 その一方で、どんな合成化学物質を使っているかは、企業の最高秘密のひとつになっています。つまり、「香料」と表示されている中には、10種類前後の合成化学物質が隠されているわけです。

 天然に存在せず、人工的に合成された香料を「合成ムスク類」といいますが、これらにはDNAを傷つける変異原性の強いものが多くあります。変異原性の強い化学物質は、高い確率で発がん性もあります。しかも、合成ムスク類は分解しにくい性質のため、人体への蓄積が懸念されます。

 実際、05~07に熊本大学・佐賀大学が行った共同研究で、日本人の母乳や脂肪組織に合成ムスク類の「HHCB」と「AHTN」が蓄積していることが明らかになっています。

 芳香剤など香り付け製品に使われる香料は、大半が合成ムスク類です。早急に使用規制をしないと、「香害」は深刻化するばかりです。
(文=郡司和夫/食品ジャーナリスト)


今年最後の定例会でした。
12月10日は定例会でした。参加者は、新しい方も含めて10人。
今回は、回復して仕事に復帰しているYさんが久しぶりに参加してくれました。

Yさんからのお話からは回復へのヒントがいっぱい。
普段よりうきうきしたお話で盛り上がりました。
病気に向き合うことだけに終始しないで、
たまには気分転換もしつつ、希望をもって生きたいですね。

今回も人数が多かったので、
物足りなかった方もあったのでは、と気になっています。
またゆっくりお話ししましょう。

次の定例会は2月11日(日)です。
寒い時期です。気をつけてお出かけください。


おしゃべり会2つ
もう、先月になりましたが、
10周年記念イベントの打ち上げを兼ねたおしゃべり会が2つ行われました。

1つは11月15日、場所はフォーラムのフリースペースです。
参加者は2名。
人数が少なかったので、じっくりゆっくりお話ができて楽しかったです。
たまにはこんな時もいいですね。

もう1つは11月23日、場所は表参道のクレヨンハウスです。
参加者は5名。美味しいお料理を食べながらたくさんの話題で盛り上がりました。
時間制限が90分だったので、食後はウィメンズプラザの交流コーナーに場所を移し、話しの続きをしました。楽しいひと時でした。

近年は、スマホやさまざまな通信機器の増加と、強い香りつきの柔軟剤のために、人混みに外出することがどんどんつらくなっていて、メンバーの方々も和の会の集まりに出にくくなっているようで心配です。

クレヨンハウス オーガニックレストラン広場
http://www.crayonhouse.co.jp/shop/pages/restaurant.aspx

東京ウィメンズプラザ
http://www1.tokyo-womens-plaza.metro.tokyo.jp/


CS和の会10周年記念講演会
10月22日、CS和の会10周年記念イベント「坂部貢先生のお話を聞く会」が行なわれました。
参加者は38名 そのうちご家族の参加が7名でした。

坂部先生のお話は医学的見地から認知行動療法的な捉え方まで、
色々なお話が聞けて、とても興味深いものでした。
また、久し振りにお会いする方や以前スタッフをしてくれた人
(元気になって社会復帰している)などの参加もあって、
あちこちでお話が弾み、和やかな集いになりました。

受付や会計、会場設営等々、多くの仲間たちにお手伝いをいただいて
すべてがとてもスムーズに進みました。
‘みんなで作る会’が実感できてとてもうれしかったです。

CS和の会が神奈川県社会福祉協議会のボランティアセンターに
セルフヘルプ・グループとして登録されてから、この7月で10年になりました。
この記念の日が無事に迎えられたのも、
これまでに出会ったすべての方々のお陰と感謝しています。

当日は台風の接近に伴う暴風雨で交通機関への影響が心配されたため、
少し早めに閉会とさせていただきましたが、
参加されたみなさん、無事に帰れましたでしょうか。

これからも仲間同士の支え合いを大切に、地道に活動を続けたいと思っています。
今後ともよろしくお願いいたします。