化学物質過敏症 つきあいかたのヒント
化学物質過敏症(CS)と電磁波過敏症(ES)とともに歩む泣き笑い日記
最新コメント

プロフィール

なごみ

Author:なごみ
自宅の外装工事がきっかけで化学物質過敏症と電磁波過敏症をほぼ同時に発症。その後、一進一退を繰り返していますが、できる限り普通の人として生きたいと思っています。

発症してしばらくは孤独な日々だったので、初めてCSの仲間と出会ったときは本当にうれしかったです。そんな人がきっとほかにもいるに違いない、との思いから仲間への呼びかけを始めました。発症から7年目のいまは多くの仲間たちに支えられて感謝の日々です。(2008年10月記)

・CS和の会代表
・カウンセラー
・シックハウス対策アドバイザー

【化学物質過敏症とは】
ごく普通に身の回りにある建材、家庭用品や化粧品などに含まれる化学物質に反応して、さまざまな身体的、精神的症状があらわれます。
まだ未解明な部分はありますが、ある一定量の化学物質にさらされると、
それ以降は微量の物質にも過敏に反応するようになるといわれています。
発症すると、ごく普通の社会生活がほとんどできなくなる人もいます。

【電磁波過敏症とは】
家庭内で使われている電気製品や携帯電話、パソコン、送電線などから出る電磁波で、化学物質過敏症と似た症状を起こすことが知られています。
化学物質過敏症と電磁波過敏症の併発率は80%と言われています。
     * * *
詳しいことは下記のサイトをご覧ください。
・ 化学物質過敏症支援センター
  http://www.cssc.jp/
・ 電磁波問題全国ネットワーク
  http://www.gsn.jp/index.htm
・ CS和の会~化学物質過敏症の仲間たち~http://home.n01.itscom.net/wanokai/

【注】 化学物質過敏症は反応するものがそれぞれ違うので、私が大丈夫のものでも他の方に大丈夫とは限りません。ここに掲載されているものをご利用なさる際は、あくまでもご自分でご判断くださいますようお願いします。

最新記事

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

FC2カウンター

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

大仁農場の収穫まつり
11月1・2日は大仁農場で収穫まつりでした。
私は2日間とも参加。
素晴らしいお天気に恵まれ、気持ちよく楽しく過ごしました。
CSの仲間たちにも大勢会えてうれしかったです。

例年のように「自然農法を応援する化学物質過敏症患者の会」が
展示ブースを出していました。
農場でできた竹炭も展示販売していました。
とても素敵でしたよ。

私はといえば、そのお手伝いもそこそこに、
芋ほりをしたり、朝絞りたての牛乳やヨーグルトを試飲したり、
農場産の牛乳から作られたソフトクリームを食べたり、農産物をたくさん買い込んだり・・・
美味しいお弁当もご馳走になりました。
農薬や化学肥料を使わない農産物は安全でとても美味しいです。

なにより、空気がよくて、安心して深呼吸ができたり、
芝生にゴロンと寝転ぶことができるのは最高です。
マスクを忘れて、本当に元気で過ごせます。
こんなところにいつでも行かれるのは感謝です。

そうそう、北里研究所病院の宮田先生も見えたんですよ。
みんなで一緒に写真におさまりました。
とても楽しい2日間でした。


この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://nagsan.blog105.fc2.com/tb.php/9-a33a3d27
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)