化学物質過敏症 つきあいかたのヒント
化学物質過敏症(CS)と電磁波過敏症(ES)とともに歩む泣き笑い日記
最新コメント

プロフィール

なごみ

Author:なごみ
自宅の外装工事がきっかけで化学物質過敏症と電磁波過敏症をほぼ同時に発症。その後、一進一退を繰り返していますが、できる限り普通の人として生きたいと思っています。

発症してしばらくは孤独な日々だったので、初めてCSの仲間と出会ったときは本当にうれしかったです。そんな人がきっとほかにもいるに違いない、との思いから仲間への呼びかけを始めました。発症から7年目のいまは多くの仲間たちに支えられて感謝の日々です。(2008年10月記)

・CS和の会代表
・カウンセラー
・シックハウス対策アドバイザー

【化学物質過敏症とは】
ごく普通に身の回りにある建材、家庭用品や化粧品などに含まれる化学物質に反応して、さまざまな身体的、精神的症状があらわれます。
まだ未解明な部分はありますが、ある一定量の化学物質にさらされると、
それ以降は微量の物質にも過敏に反応するようになるといわれています。
発症すると、ごく普通の社会生活がほとんどできなくなる人もいます。

【電磁波過敏症とは】
家庭内で使われている電気製品や携帯電話、パソコン、送電線などから出る電磁波で、化学物質過敏症と似た症状を起こすことが知られています。
化学物質過敏症と電磁波過敏症の併発率は80%と言われています。
     * * *
詳しいことは下記のサイトをご覧ください。
・ 化学物質過敏症支援センター
  http://www.cssc.jp/
・ 電磁波問題全国ネットワーク
  http://www.gsn.jp/index.htm
・ CS和の会~化学物質過敏症の仲間たち~http://home.n01.itscom.net/wanokai/

【注】 化学物質過敏症は反応するものがそれぞれ違うので、私が大丈夫のものでも他の方に大丈夫とは限りません。ここに掲載されているものをご利用なさる際は、あくまでもご自分でご判断くださいますようお願いします。

最新記事

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

FC2カウンター

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

CS和の会10周年記念講演会
10月22日、CS和の会10周年記念イベント「坂部貢先生のお話を聞く会」が行なわれました。
参加者は38名 そのうちご家族の参加が7名でした。

坂部先生のお話は医学的見地から認知行動療法的な捉え方まで、
色々なお話が聞けて、とても興味深いものでした。
また、久し振りにお会いする方や以前スタッフをしてくれた人
(元気になって社会復帰している)などの参加もあって、
あちこちでお話が弾み、和やかな集いになりました。

受付や会計、会場設営等々、多くの仲間たちにお手伝いをいただいて
すべてがとてもスムーズに進みました。
‘みんなで作る会’が実感できてとてもうれしかったです。

CS和の会が神奈川県社会福祉協議会のボランティアセンターに
セルフヘルプ・グループとして登録されてから、この7月で10年になりました。
この記念の日が無事に迎えられたのも、
これまでに出会ったすべての方々のお陰と感謝しています。

当日は台風の接近に伴う暴風雨で交通機関への影響が心配されたため、
少し早めに閉会とさせていただきましたが、
参加されたみなさん、無事に帰れましたでしょうか。

これからも仲間同士の支え合いを大切に、地道に活動を続けたいと思っています。
今後ともよろしくお願いいたします。


この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://nagsan.blog105.fc2.com/tb.php/737-ea3cfe40
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)