化学物質過敏症 つきあいかたのヒント
化学物質過敏症(CS)と電磁波過敏症(ES)とともに歩む泣き笑い日記
最新コメント

プロフィール

なごみ

Author:なごみ
自宅の外装工事がきっかけで化学物質過敏症と電磁波過敏症をほぼ同時に発症。その後、一進一退を繰り返していますが、できる限り普通の人として生きたいと思っています。

発症してしばらくは孤独な日々だったので、初めてCSの仲間と出会ったときは本当にうれしかったです。そんな人がきっとほかにもいるに違いない、との思いから仲間への呼びかけを始めました。発症から7年目のいまは多くの仲間たちに支えられて感謝の日々です。(2008年10月記)

・CS和の会代表
・カウンセラー
・シックハウス対策アドバイザー

【化学物質過敏症とは】
ごく普通に身の回りにある建材、家庭用品や化粧品などに含まれる化学物質に反応して、さまざまな身体的、精神的症状があらわれます。
まだ未解明な部分はありますが、ある一定量の化学物質にさらされると、
それ以降は微量の物質にも過敏に反応するようになるといわれています。
発症すると、ごく普通の社会生活がほとんどできなくなる人もいます。

【電磁波過敏症とは】
家庭内で使われている電気製品や携帯電話、パソコン、送電線などから出る電磁波で、化学物質過敏症と似た症状を起こすことが知られています。
化学物質過敏症と電磁波過敏症の併発率は80%と言われています。
     * * *
詳しいことは下記のサイトをご覧ください。
・ 化学物質過敏症支援センター
  http://www.cssc.jp/
・ 電磁波問題全国ネットワーク
  http://www.gsn.jp/index.htm
・ CS和の会~化学物質過敏症の仲間たち~http://home.n01.itscom.net/wanokai/

【注】 化学物質過敏症は反応するものがそれぞれ違うので、私が大丈夫のものでも他の方に大丈夫とは限りません。ここに掲載されているものをご利用なさる際は、あくまでもご自分でご判断くださいますようお願いします。

最新記事

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

FC2カウンター

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

受動喫煙についての意見募集
東京都福祉保健局が、
東京都受動喫煙防止条例(仮称)の基本的な考え方について意見を募集しています。
みんなで意見を寄せませんか。
http://www.metro.tokyo.jp/tosei/hodohappyo/press/2017/09/08/09.html

和の会のメンバーの多くは煙草に困っています。
もちろん私もです。
煙草の煙を吸うとひどく咳き込んだり、目がヒリヒリしたり、
頭痛がしたり息苦しくなったりします。
いきなり煙草の煙を浴びると殴られたような衝撃があって
しゃがみこんでしまいます。
(その場でしゃがみこむとさらに浴びるので無理してでもそこから逃げますが・・・)

吸っている人に健康被害があるのはご自分でも承知のうえでしょうけれど
被害をこうむる人が周りに大勢いることを知って欲しいです。


ーーー転載ここからーーー
報道発表資料 2017年09月08日  福祉保健局

東京都受動喫煙防止条例(仮称)の基本的な考え方についてご意見を募集します

東京都では、都民の健康増進の観点から、また、オリンピック・パラリンピックのホストシティとして、受動喫煙防止対策をより一層推進していくため、「東京都受動喫煙防止条例(仮称)」を定めることを検討しています。
別紙(PDF:341KB)のとおり、条例制定にあたっての基本的な考え方をまとめましたので、都民の皆様からご意見を募集します。

1 募集期間

平成29年9月8日(金曜日)から平成29年10月6日(金曜日)まで(郵送は、当日消印有効)

2 公表場所
福祉保健局ホームページ
都民情報ルーム(都庁第一本庁舎3階北側) 平日9時00分から18時15分まで

3 提出方法
フォームメール 
次のURLのリンク先からフォームメールでご意見を送信できます。
URL https://www.ifys.jp/passive-smoking/entry

郵送 
〒163-8001 東京都福祉保健局保健政策部健康推進課 意見募集担当宛て
(郵便番号と課名だけで届きます。)
ファクス 
03-5388-1414

※電話による意見の受付は実施致しません。
※意見提出様式については特に定めておりませんが、添付の様式(PDF:84KB)をご活用いただければと思います。
様式以外でご提出される場合は、お住まいの区市町村(都外の方は道府県名)、性別、年代(30代等)、意見したい項目の番号を記載の上、送付いただくようお願いいたします。

4 その他注意事項
1.いただいたご意見については、今後策定する条例に反映するほか、広く保健衛生行政の参考とさせていただきます。また、いただいたご意見を取りまとめ、都の考え方を整理した上で、後日都のホームページで公開することがあります。
2.ご意見に対する個別の回答はいたしかねますので、ご了承ください。
3.ご意見は日本語で記載してください。
4.メールアドレスなど電子機器の性質上得られた個人情報に関するデータは、個人情報漏えい防止のため消去いたします。

問い合わせ先
福祉保健局保健政策部健康推進課
電話 03-5320-4356

ーーーここまでーーー


この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://nagsan.blog105.fc2.com/tb.php/731-03e45af4
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)