化学物質過敏症 つきあいかたのヒント
化学物質過敏症(CS)と電磁波過敏症(ES)とともに歩む泣き笑い日記
最新コメント

プロフィール

なごみ

Author:なごみ
自宅の外装工事がきっかけで化学物質過敏症と電磁波過敏症をほぼ同時に発症。その後、一進一退を繰り返していますが、できる限り普通の人として生きたいと思っています。

発症してしばらくは孤独な日々だったので、初めてCSの仲間と出会ったときは本当にうれしかったです。そんな人がきっとほかにもいるに違いない、との思いから仲間への呼びかけを始めました。発症から7年目のいまは多くの仲間たちに支えられて感謝の日々です。(2008年10月記)

・CS和の会代表
・カウンセラー
・シックハウス対策アドバイザー

【化学物質過敏症とは】
ごく普通に身の回りにある建材、家庭用品や化粧品などに含まれる化学物質に反応して、さまざまな身体的、精神的症状があらわれます。
まだ未解明な部分はありますが、ある一定量の化学物質にさらされると、
それ以降は微量の物質にも過敏に反応するようになるといわれています。
発症すると、ごく普通の社会生活がほとんどできなくなる人もいます。

【電磁波過敏症とは】
家庭内で使われている電気製品や携帯電話、パソコン、送電線などから出る電磁波で、化学物質過敏症と似た症状を起こすことが知られています。
化学物質過敏症と電磁波過敏症の併発率は80%と言われています。
     * * *
詳しいことは下記のサイトをご覧ください。
・ 化学物質過敏症支援センター
  http://www.cssc.jp/
・ 電磁波問題全国ネットワーク
  http://www.gsn.jp/index.htm
・ CS和の会~化学物質過敏症の仲間たち~http://home.n01.itscom.net/wanokai/

【注】 化学物質過敏症は反応するものがそれぞれ違うので、私が大丈夫のものでも他の方に大丈夫とは限りません。ここに掲載されているものをご利用なさる際は、あくまでもご自分でご判断くださいますようお願いします。

最新記事

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

FC2カウンター

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

箱根で息抜き
一昨日、CS仲間3人で箱根に行きました。
最近新しくつながった近道があって
以前より気軽に行かれるようになったので
塗装工事のニオイからの避難を兼ねて遅いお花見です。
(先日終わった工事の後に、また次の工事が始まっています)

桜前線が北海道まで北上した頃ですが
標高が高いのでソメイヨシノや八重桜、
そして山桜もあちこちで咲いていましたし
新緑がまぶしいほどでした。

芦ノ湖スカイラインの展望駐車場で富士山を見ました。
雲の動きが早かったので雲が流れていく合間にでしたが
富士山がきれいに見えると幸せな気持ちになります。

ホテルで(数あるホテルの中で一番ましだったところ)
ランチを食べました。
普通の食事なので、翌日下痢する危険性もあるけれど
大きなチャレンジ&久しぶりの贅沢です。

そのあとは、人の少ない場所を選んで歩いたり
遠巻きにお店を見て、普通の人の気分も味わいました。
空気のいいところで、
仲間たちとたくさんおしゃべりをして、たくさん笑って、
楽しい一日でした。


ところで、我家に立ち寄った仲間の一人が
「家に近づいたらペンキのニオイがした。
昼間はできるだけ家に居ないで、どこかに避難していたほうがいい。」
と言ってくれました。
雨だったので工事はしていなかったんですが
彼女はニオイを感じたんですね。

ずっと同じニオイを嗅いでいると鼻が麻痺してきます。
このところ、私自身はニオイとしてあまり感じないのに
体調悪さがずっと続いていたのは、
少しずつであっても継続的に浴びていたからでしょう。

空気清浄器をいくつも回して生活していても、それだけ不十分。
やはり避難が必要なんだ、と改めて気づかされました。
私の気づかないことを教えてくれるCS仲間はありがたい存在です。



この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://nagsan.blog105.fc2.com/tb.php/626-279ae84c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)