化学物質過敏症 つきあいかたのヒント
化学物質過敏症(CS)と電磁波過敏症(ES)とともに歩む泣き笑い日記
最新コメント

プロフィール

なごみ

Author:なごみ
自宅の外装工事がきっかけで化学物質過敏症と電磁波過敏症をほぼ同時に発症。その後、一進一退を繰り返していますが、できる限り普通の人として生きたいと思っています。

発症してしばらくは孤独な日々だったので、初めてCSの仲間と出会ったときは本当にうれしかったです。そんな人がきっとほかにもいるに違いない、との思いから仲間への呼びかけを始めました。発症から7年目のいまは多くの仲間たちに支えられて感謝の日々です。(2008年10月記)

・CS和の会代表
・カウンセラー
・シックハウス対策アドバイザー

【化学物質過敏症とは】
ごく普通に身の回りにある建材、家庭用品や化粧品などに含まれる化学物質に反応して、さまざまな身体的、精神的症状があらわれます。
まだ未解明な部分はありますが、ある一定量の化学物質にさらされると、
それ以降は微量の物質にも過敏に反応するようになるといわれています。
発症すると、ごく普通の社会生活がほとんどできなくなる人もいます。

【電磁波過敏症とは】
家庭内で使われている電気製品や携帯電話、パソコン、送電線などから出る電磁波で、化学物質過敏症と似た症状を起こすことが知られています。
化学物質過敏症と電磁波過敏症の併発率は80%と言われています。
     * * *
詳しいことは下記のサイトをご覧ください。
・ 化学物質過敏症支援センター
  http://www.cssc.jp/
・ 電磁波問題全国ネットワーク
  http://www.gsn.jp/index.htm
・ CS和の会~化学物質過敏症の仲間たち~http://home.n01.itscom.net/wanokai/

【注】 化学物質過敏症は反応するものがそれぞれ違うので、私が大丈夫のものでも他の方に大丈夫とは限りません。ここに掲載されているものをご利用なさる際は、あくまでもご自分でご判断くださいますようお願いします。

最新記事

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

FC2カウンター

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

柔軟仕上げ剤のにおいに関する情報提供
国民生活センターによる報道発表です。

柔軟剤に苦しんでいたのは発症者だけじゃなかったんですねえ。
これだけの情報が送られていたことに、少しホッとします。


「柔軟仕上げ剤のにおいに関する情報提供」
http://www.kokusen.go.jp/pdf/n-20130919_1.pdf

ーーー発表資料(一部転載)ここからーーー
報道発表資料  
                            平成25年9月19日
                      独立行政法人国民生活センター    
 
  柔軟仕上げ剤のにおいに関する情報提供
 柔軟仕上げ剤は、衣類をソフトに保ち、傷んだ繊維を柔らかくすることをうたったものです。10数年前までは、部屋干しのにおいや汗のにおいなどを抑えるため、微香タイプの柔軟仕上げ剤が主流でしたが、2000年代後半から香りの強い海外製の柔軟仕上げ剤がブームとなったのをきっかけに、現在は、芳香性を工夫した商品の品ぞろえが広がっています。国内の製造者の柔軟仕上げ剤の販売量は2008年の24.8万トンから2012年の26.0万トンへ、販売金額は2008年の618億円から2012年の715億円へとなっており、いずれも増加傾向にあります(注1)。
 一方で、PIO(パイオネット:全国消費生活情報ネットワーク・システム)(注2)に寄せられる「柔軟仕上げ剤のにおい」に関する相談件数が増加傾向にあります。そこで、収集した相談内容を分析し、情報提供することにしました。
ーーー転載ここまで(注は省略しました)ーーー

この後、発表資料は
1.相談の概要、2.危害に関する主な相談事例、3.柔軟仕上げ剤のにおいの成分について、4.業界の動向、5.専門家からのコメント、6.消費者へのアドバイス、7.業界・輸入業者への要望、と続きます。

2、の危害に関する主な相談事例を読んで、
発症者でなくても嫌な思いをしている人が多いことが分かります。
これ以上苦しむ人を増やさないためにも
柔軟剤の健康被害やつらさを身をもって知っている私たちが
率先して実情を伝えていくことが大事だと思いました。
私も情報を送ろうと思っています。

皆さんもいかがですか。

国民生活センター消費生活相談窓口
http://www.kokusen.go.jp/soudan/index.html

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://nagsan.blog105.fc2.com/tb.php/535-96af2ef7
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)