化学物質過敏症 つきあいかたのヒント
化学物質過敏症(CS)と電磁波過敏症(ES)とともに歩む泣き笑い日記
最新コメント

プロフィール

なごみ

Author:なごみ
自宅の外装工事がきっかけで化学物質過敏症と電磁波過敏症をほぼ同時に発症。その後、一進一退を繰り返していますが、できる限り普通の人として生きたいと思っています。

発症してしばらくは孤独な日々だったので、初めてCSの仲間と出会ったときは本当にうれしかったです。そんな人がきっとほかにもいるに違いない、との思いから仲間への呼びかけを始めました。発症から7年目のいまは多くの仲間たちに支えられて感謝の日々です。(2008年10月記)

・CS和の会代表
・カウンセラー
・シックハウス対策アドバイザー

【化学物質過敏症とは】
ごく普通に身の回りにある建材、家庭用品や化粧品などに含まれる化学物質に反応して、さまざまな身体的、精神的症状があらわれます。
まだ未解明な部分はありますが、ある一定量の化学物質にさらされると、
それ以降は微量の物質にも過敏に反応するようになるといわれています。
発症すると、ごく普通の社会生活がほとんどできなくなる人もいます。

【電磁波過敏症とは】
家庭内で使われている電気製品や携帯電話、パソコン、送電線などから出る電磁波で、化学物質過敏症と似た症状を起こすことが知られています。
化学物質過敏症と電磁波過敏症の併発率は80%と言われています。
     * * *
詳しいことは下記のサイトをご覧ください。
・ 化学物質過敏症支援センター
  http://www.cssc.jp/
・ 電磁波問題全国ネットワーク
  http://www.gsn.jp/index.htm
・ CS和の会~化学物質過敏症の仲間たち~http://home.n01.itscom.net/wanokai/

【注】 化学物質過敏症は反応するものがそれぞれ違うので、私が大丈夫のものでも他の方に大丈夫とは限りません。ここに掲載されているものをご利用なさる際は、あくまでもご自分でご判断くださいますようお願いします。

最新記事

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

FC2カウンター

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

暑中お見舞い申し上げます
蒸し暑い日が続いています。

気温が上がってさまざまな化学物質が出てくる夏は
CSの人にとって ことさらつらい時期ですね。
皆さんはいかがお過ごしですか。

もともと暑さが苦手な私は、
何もできずにぐずぐずと毎日を過ごしています。

やらなきゃならないことが山積みになっているのに
横目で見てはため息ばかり。
放っておいたら後でもっと困るのにねえ。



実は、病気治療のため入院中だった母が先日亡くなりました。
昨年入院してから何度も危機を乗り越え頑張ってくれたのですが、
さすがの母もとうとう力尽きたということでしょう。
あるいは、毎日交代で通っていた私たち兄弟に
「もういいから休みなさい。」
という優しさだったのかもしれません。


これまで、看病やさまざまな手続き、留守宅の管理など
どうしてもやらなければならないこともあって
普段より出かけることが多かったので、
その間に浴びた化学物質が蓄積されていて
さまざまな症状となって現れています。

いまはひたすら休養をして、
自分の症状の緩和と体力の回復につとめています。

そんな訳で、
なかなか日記UPができませんでした。

ぼちぼち再開したいと思っています。
(この言葉 何回書いたかしら…)



この記事に対するコメント

ご愁傷さまでした。
さぞかしお力落としのこととお悔やみ申します。
私の時には、空虚な心を補うのに相応の時間が必要でした。
ひたすら自分自身に忠実に向き合ってあげてくださいませ。
お体大切に☆☆
【2013/07/29 16:08】 URL | まま #- [ 編集]


追伸
NEMEがきちんと書けずにすみませんでした。
【2013/07/30 07:47】 URL | ままさん #- [ 編集]

Re: タイトルなし
ままさんさん
コメントありがとうございました。

> ご愁傷さまでした。
> さぞかしお力落としのこととお悔やみ申します。
> 私の時には、空虚な心を補うのに相応の時間が必要でした。
> ひたすら自分自身に忠実に向き合ってあげてくださいませ。
> お体大切に☆☆

本当にそうですね。
しばらくはすべてに目をつぶって
自分を労わって過ごしたいと思います。

優しいお言葉ありがとうございました。

【2013/07/30 10:40】 URL | なごみ #- [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://nagsan.blog105.fc2.com/tb.php/524-5fb90c74
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)