化学物質過敏症 つきあいかたのヒント
化学物質過敏症(CS)と電磁波過敏症(ES)とともに歩む泣き笑い日記
最新コメント

プロフィール

なごみ

Author:なごみ
自宅の外装工事がきっかけで化学物質過敏症と電磁波過敏症をほぼ同時に発症。その後、一進一退を繰り返していますが、できる限り普通の人として生きたいと思っています。

発症してしばらくは孤独な日々だったので、初めてCSの仲間と出会ったときは本当にうれしかったです。そんな人がきっとほかにもいるに違いない、との思いから仲間への呼びかけを始めました。発症から7年目のいまは多くの仲間たちに支えられて感謝の日々です。(2008年10月記)

・CS和の会代表
・カウンセラー
・シックハウス対策アドバイザー

【化学物質過敏症とは】
ごく普通に身の回りにある建材、家庭用品や化粧品などに含まれる化学物質に反応して、さまざまな身体的、精神的症状があらわれます。
まだ未解明な部分はありますが、ある一定量の化学物質にさらされると、
それ以降は微量の物質にも過敏に反応するようになるといわれています。
発症すると、ごく普通の社会生活がほとんどできなくなる人もいます。

【電磁波過敏症とは】
家庭内で使われている電気製品や携帯電話、パソコン、送電線などから出る電磁波で、化学物質過敏症と似た症状を起こすことが知られています。
化学物質過敏症と電磁波過敏症の併発率は80%と言われています。
     * * *
詳しいことは下記のサイトをご覧ください。
・ 化学物質過敏症支援センター
  http://www.cssc.jp/
・ 電磁波問題全国ネットワーク
  http://www.gsn.jp/index.htm
・ CS和の会~化学物質過敏症の仲間たち~http://home.n01.itscom.net/wanokai/

【注】 化学物質過敏症は反応するものがそれぞれ違うので、私が大丈夫のものでも他の方に大丈夫とは限りません。ここに掲載されているものをご利用なさる際は、あくまでもご自分でご判断くださいますようお願いします。

最新記事

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

FC2カウンター

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

映画『ミツバチの羽音と地球の回転』
鎌仲ひとみ監督の映画
「ミツバチの羽音と地球の回転」に行ってきました。
厚木市民会館の小ホールは満席で、
入れない人もいたようです。

東日本大震災や原発事故があってちょうど1年のいま、
原発問題を取り上げた映画とあって、
社会的な関心の高さが伺われました。


瀬戸内海の小さな島「祝島」での原発建設の反対運動と
スウェーデンでの自然を守りながらの生活を通して
エネルギーの問題を取り上げていました。

また、環境破壊を起こさない持続可能なエネルギーということで、
風力発電や太陽光発電、
バイオマスや糞尿を燃やしてエネルギーに変えるなど
化石燃料から電気にシフトしていく方法が紹介されていました。


「きれいな島の自然を子孫に残したい。」
その思いで活動をしている祝島の若い夫婦の思いには
胸が熱くなりました。

一旦壊されたものは元に戻らない。
貴重な生物が多く残されている島の自然を残して欲しいと
私も思います。



一方で、
ガソリン車が電気自動車へ、
都市ガスのコンロがIH調理器へのように
さまざまなものが電気に変わっていくことによって
私たちの電磁波曝露の量はますます増えます。
発症者にとってはもちろんのこと
一般の方々への健康被害が心配です。

原発以外の方法で電気を作るのは大歓迎なのですが、
電気に便り過ぎている生活の見直しも必要な気がします。


そういえば、
確かスウェーデンはESの人が多いんですよね。
ES発症者が障害者として認められているとも聞いています。
そちらのほうもぜひスウェーデンを参考に考えて欲しいです。


映画『ミツバチの羽音と地球の回転』オフィシャルサイト
http://888earth.net/top.html


この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://nagsan.blog105.fc2.com/tb.php/444-0a67193d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)