化学物質過敏症 つきあいかたのヒント
化学物質過敏症(CS)と電磁波過敏症(ES)とともに歩む泣き笑い日記
最新コメント

プロフィール

なごみ

Author:なごみ
自宅の外装工事がきっかけで化学物質過敏症と電磁波過敏症をほぼ同時に発症。その後、一進一退を繰り返していますが、できる限り普通の人として生きたいと思っています。

発症してしばらくは孤独な日々だったので、初めてCSの仲間と出会ったときは本当にうれしかったです。そんな人がきっとほかにもいるに違いない、との思いから仲間への呼びかけを始めました。発症から7年目のいまは多くの仲間たちに支えられて感謝の日々です。(2008年10月記)

・CS和の会代表
・カウンセラー
・シックハウス対策アドバイザー

【化学物質過敏症とは】
ごく普通に身の回りにある建材、家庭用品や化粧品などに含まれる化学物質に反応して、さまざまな身体的、精神的症状があらわれます。
まだ未解明な部分はありますが、ある一定量の化学物質にさらされると、
それ以降は微量の物質にも過敏に反応するようになるといわれています。
発症すると、ごく普通の社会生活がほとんどできなくなる人もいます。

【電磁波過敏症とは】
家庭内で使われている電気製品や携帯電話、パソコン、送電線などから出る電磁波で、化学物質過敏症と似た症状を起こすことが知られています。
化学物質過敏症と電磁波過敏症の併発率は80%と言われています。
     * * *
詳しいことは下記のサイトをご覧ください。
・ 化学物質過敏症支援センター
  http://www.cssc.jp/
・ 電磁波問題全国ネットワーク
  http://www.gsn.jp/index.htm
・ CS和の会~化学物質過敏症の仲間たち~http://home.n01.itscom.net/wanokai/

【注】 化学物質過敏症は反応するものがそれぞれ違うので、私が大丈夫のものでも他の方に大丈夫とは限りません。ここに掲載されているものをご利用なさる際は、あくまでもご自分でご判断くださいますようお願いします。

最新記事

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

FC2カウンター

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

電磁波問題 一般誌への掲載続々
WHOが携帯電磁波危険性を認めたという記事が一般紙に載った後、
この問題を取り上げる一般雑誌が増えてきたようです。
私が気づいただけでも3誌あります。

一般の人が目にする機会が増えてくると
電磁波の問題に関心を持つ人が
少しずつ増えてくるのではないかと期待しています。


電磁波過敏症になると本当に苦しいんですよ~
人生の途中で、いきなり苛酷な生活を強いられるようになった人を
私は何人も知っています。
いま健康な人も、この先ずっとその生活が維持できるように
いまから十分気をつけてくださいね。
私からのお願いです。


・・・・・・・・・・・・・・・・

週刊新潮 2011年6月16日号
http://www.shinchosha.co.jp/shukanshincho/newest/
【特別読物】電話中は脳を料理中という怖い話!
WHO警告の「携帯電波」で発がんは本当か
ジャーナリスト  矢部 武

・・・・・・・・・・・・・・・・

週刊東洋経済2011年6月18日号
http://www.toyokeizai.net/shop/magazine/toyo/
【1.健康編】
携帯電話基地局の電磁波は体に安全か
「携帯電話で発がん可能性」とのWHO研究機関指摘の意味は?

・・・・・・・・・・・・・・・・

女性セブン 2011年6月23日号
http://josei7.com/topics.html#
携帯電磁波 がん発症リスク防ぐ鉄則7




この記事に対するコメント
東洋経済疑義あり
週刊東洋経済 の記事は、私も見ました。
最初は、そんな事例が!!と、びっくりしましたが、冷静に考えた結果
この記事の信憑性に、大きな疑義を抱いています。
はっきりいって、信用していません。
福島原子力発電所のすぐそばに住んでいても、こんな過激な症状はでないで
あろうという内容。でているとされる症状が、センセーショナル過ぎです。
 携帯電話基地局ごときの近くに住んでいるだけで、こんな恐ろしい症状がでるのなら、とっくの昔に日本中大騒ぎ、うちの会社のある装置に携わる
作業員は、死人続出ですわ。
 そうはなっていないので、疑義を抱かざるを得ないのです。
東洋経済も所詮は、「週刊誌」にすぎないのかと。
【2011/07/25 20:56】 URL | いしい #ozfM48BI [ 編集]

Re: 東洋経済疑義あり
コメントありがとうございました。
返信遅くなって申し訳ありません。
なぜか気づきませんでした。
本当にごめんなさい。

東洋経済、センセーショナルだったかも知れません。
普通に生活していたらそんな人を見かけることはまずありませんから。

信じていただけないかもしれませんが、
私の友人には記事と同じような人が何人かいます。
私も一番ひどい時期は電磁波によって、
息が出来ないほどの痛みを経験しました。
(私には鼻血の経験はありませんが、友人にはいます。)

同じ状況でも反応が出ない人がほとんどなので、
ごくまれなケースだと思いますが、
実際にいることも分かっていただければと思います。

私は私自身発症者ですし、発症者との付き合いが多いため、
どうしても考え方や見方が偏ってしまう傾向があります。
これからもご意見を聞かせていただければうれしいです。

ありがとうございました。

【2011/09/08 22:34】 URL | なごみ #- [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://nagsan.blog105.fc2.com/tb.php/350-f1b0f1ed
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)