化学物質過敏症 つきあいかたのヒント
化学物質過敏症(CS)と電磁波過敏症(ES)とともに歩む泣き笑い日記
最新コメント

プロフィール

なごみ

Author:なごみ
自宅の外装工事がきっかけで化学物質過敏症と電磁波過敏症をほぼ同時に発症。その後、一進一退を繰り返していますが、できる限り普通の人として生きたいと思っています。

発症してしばらくは孤独な日々だったので、初めてCSの仲間と出会ったときは本当にうれしかったです。そんな人がきっとほかにもいるに違いない、との思いから仲間への呼びかけを始めました。発症から7年目のいまは多くの仲間たちに支えられて感謝の日々です。(2008年10月記)

・CS和の会代表
・カウンセラー
・シックハウス対策アドバイザー

【化学物質過敏症とは】
ごく普通に身の回りにある建材、家庭用品や化粧品などに含まれる化学物質に反応して、さまざまな身体的、精神的症状があらわれます。
まだ未解明な部分はありますが、ある一定量の化学物質にさらされると、
それ以降は微量の物質にも過敏に反応するようになるといわれています。
発症すると、ごく普通の社会生活がほとんどできなくなる人もいます。

【電磁波過敏症とは】
家庭内で使われている電気製品や携帯電話、パソコン、送電線などから出る電磁波で、化学物質過敏症と似た症状を起こすことが知られています。
化学物質過敏症と電磁波過敏症の併発率は80%と言われています。
     * * *
詳しいことは下記のサイトをご覧ください。
・ 化学物質過敏症支援センター
  http://www.cssc.jp/
・ 電磁波問題全国ネットワーク
  http://www.gsn.jp/index.htm
・ CS和の会~化学物質過敏症の仲間たち~http://home.n01.itscom.net/wanokai/

【注】 化学物質過敏症は反応するものがそれぞれ違うので、私が大丈夫のものでも他の方に大丈夫とは限りません。ここに掲載されているものをご利用なさる際は、あくまでもご自分でご判断くださいますようお願いします。

最新記事

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

FC2カウンター

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

病気や怪我、災害は怖い
昨日は、CSの専門病院へ定期診察に行ってきました。
それはそれとして・・・

その帰り、電車の中でドアの端に立っていたら、
反対側に立てかけてあった弓道の弓2本が、
電車が動き出したと同時に倒れて私の頭を直撃。
脳震盪を起こしたらしく、気づいたら眼鏡はずり落ち、
打ったところが痛くなっていました。
途中で下車して、知り合いの病院で受診
「頭の打撲は外傷がなくても、皮下や脳内での出血の場合もあるのでしばらく安静。
頭痛や吐き気があったらすぐに脳神経外科などの病院に行くように」と言われました。

本当はすぐに外科に行ったほうがいいんでしょうけれど、
CTやMRIを撮ると言われるのが怖くて行かれないんですよねー。
そろそろと家に帰って頭を冷やして寝ていました。
今日になっても頭痛や吐き気がないから多分大丈夫でしょう。
でも、頭は怖いからしばらくは要注意ですね。



そして今日。
けたたましいサイレンの音がいくつも聞こえ
前の道路に消防車が10台くらい集結しました。
身の危険を感じ、逃げる用意をして外に出たら、
いつも何かと気遣ってくれる隣の奥さんが状況を教えてくれました。
7・80メートル先でボヤだったようです。

かすかに煙の臭いがするくらいだったので
これなら閉め切って家に居たほうがいいと判断、
しばらく閉じこもっていました。

CSやESがあると病気や怪我、災害は恐怖です。



この記事に対するコメント

頭は、大丈夫でしょうか?
病院の帰りでの遭遇、なかなかダメージが続きますね。
ボヤもドキドキです。
とっさの判断が体調を左右する場合もあり、日頃の気配りが訓練に結びつくのでしょう。
どうぞ、お大事になさってくださいませねv-238
【2011/06/06 19:11】 URL | ままさん #- [ 編集]


コメント&ご心配くださりありがとうございます。
頭、いまのところ変わりはないので大丈夫だと思います。
普通の人にとっては何でもないことでも、
発症者は慌てることが多いですね。

【2011/06/07 23:24】 URL | なごみ #- [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://nagsan.blog105.fc2.com/tb.php/345-4693b6f4
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)