化学物質過敏症 つきあいかたのヒント
化学物質過敏症(CS)と電磁波過敏症(ES)とともに歩む泣き笑い日記
最新コメント

プロフィール

なごみ

Author:なごみ
自宅の外装工事がきっかけで化学物質過敏症と電磁波過敏症をほぼ同時に発症。その後、一進一退を繰り返していますが、できる限り普通の人として生きたいと思っています。

発症してしばらくは孤独な日々だったので、初めてCSの仲間と出会ったときは本当にうれしかったです。そんな人がきっとほかにもいるに違いない、との思いから仲間への呼びかけを始めました。発症から7年目のいまは多くの仲間たちに支えられて感謝の日々です。(2008年10月記)

・CS和の会代表
・カウンセラー
・シックハウス対策アドバイザー

【化学物質過敏症とは】
ごく普通に身の回りにある建材、家庭用品や化粧品などに含まれる化学物質に反応して、さまざまな身体的、精神的症状があらわれます。
まだ未解明な部分はありますが、ある一定量の化学物質にさらされると、
それ以降は微量の物質にも過敏に反応するようになるといわれています。
発症すると、ごく普通の社会生活がほとんどできなくなる人もいます。

【電磁波過敏症とは】
家庭内で使われている電気製品や携帯電話、パソコン、送電線などから出る電磁波で、化学物質過敏症と似た症状を起こすことが知られています。
化学物質過敏症と電磁波過敏症の併発率は80%と言われています。
     * * *
詳しいことは下記のサイトをご覧ください。
・ 化学物質過敏症支援センター
  http://www.cssc.jp/
・ 電磁波問題全国ネットワーク
  http://www.gsn.jp/index.htm
・ CS和の会~化学物質過敏症の仲間たち~http://home.n01.itscom.net/wanokai/

【注】 化学物質過敏症は反応するものがそれぞれ違うので、私が大丈夫のものでも他の方に大丈夫とは限りません。ここに掲載されているものをご利用なさる際は、あくまでもご自分でご判断くださいますようお願いします。

最新記事

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

FC2カウンター

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

農薬散布のサンドイッチ
昨夜続けて2本、同じような電話がありました。
「明日消毒をします。」

東側お隣が庭木に農薬散布、
西側50mほどのところにある梨畑一帯で農薬散布、
たまたま2件が重なったと言う訳です。

いつものように、朝から雨戸を閉め切ったまま閉じこもり生活です。
換気扇回せないので火は全く使えません。
今日は出かける予定にしていたので
生協のボックスを外に出して出かけましたが
いくらポリ袋を被せてあっても農薬からの影響は避けられない。
う~ん、複雑です。


ではありますが、
農薬散布の際は近隣住民に知らせることになっているのに
そのことが民間にはほとんど周知されていない現状で、
私のCSを理解して必ず連絡をくれるこの方たちには本当に感謝です。


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
関係記事
薬剤散布は気をつけて 泣いています 化学物質過敏症の人たち
(東京新聞2009.5.18)
http://www.tokyo-np.co.jp/article/living/life/CK2009051802000083.html


・・・以下記事のコピーです・・・

新緑の季節は植木や野菜に害虫が発生しやすい。農家はもちろん、園芸や家庭菜園を楽しんでいる一般家庭でも農薬散布を考える時期だ。しかし、化学物質過敏症の人は少量の薬剤でも目まいなどの症状を訴えることがあり、子どもや妊婦への影響も懸念される。国は住宅地での散布を極力控えるよう通知を出しており、注意と配慮が必要だ。 (佐橋大)

 愛知県の五十代女性は二年前、化学物質過敏症と診断された。

 さまざまな物質に反応し、関節の痛みやイライラ感、息苦しさなどの症状が出る。消毒のきつい病院には長くいられず、消毒直後の庭や除草剤を散布した空き地があると、症状が悪化するという。「散布した人は何ともなくても、薬剤で苦しむ人がいることを知ってほしい」と訴える。

 化学物質過敏症の人は全国に七十万人いるとの推計もある。

 過敏症の人が苦しむ製品は、農薬、香水、トイレの芳香剤、合成洗剤など幅広いが、農薬については、国が一昨年に通知=別項=を出している。自治体は通知に従い公園などの害虫を防除し、農薬を使う人にも通知に従うよう指導することになっている。

 市民団体「反農薬東京グループ」(東京都西東京市)によると、通知後、自治体の行う公園などの害虫防除は改善されつつある。一方、民間の改善は遅れているという。

 この一年でも同グループには「マンションの管理業者が害虫の有無に関係なくマンション内の樹木に年六回、農薬を定期散布している。通知違反を指摘し、中止を求めたが、予定通りまかれた」「住んでいる団地の管理業者に、農薬散布予定の有無を聞いても『教えられない』と言われた」などの情報が寄せられている。辻万千子代表は「通知自体が知られていない。園芸用の除草剤や殺虫剤が農薬だと知らない人も多い」と嘆く。

 農薬散布の問題に取り組んでいる愛知県豊橋市の渡辺則子市議は昨秋、市内の公園の雑草が不自然に枯れているのに気づいた。「誰かが余った除草剤を無断でまいたのでは。通知が市民に徹底されていない証拠」と指摘する。

 過敏症患者を支援する人たちは、通知が民間にも浸透すれば、過敏症の人の苦しさが減るとみている。薬剤散布の事前の周知があれば、周囲の過敏症の人は窓を閉めるなどの対策が取れる。

    ◇

 意識変革を促す取り組みも始まっている。

 千葉県流山市では、市民団体が「ホームセンターで売っている殺虫剤、除草剤も農薬」として、無農薬での庭造りを伝える小冊子を有料で頒布している。岐阜市は、雑草の茂る空き地の所有者に、除草剤をまく際には周辺住民への周知を求める文書を送っている。

 過敏症発症のメカニズムは未解明な部分が多いが「一度、ある程度の化学物質にさらされると、以後はわずかな量でも過敏に反応するようになる」と一般に考えられている。これに基づき、NPO「化学物質過敏症支援センター」(横浜市)の広田しのぶ事務局長は訴える。「使う農薬を減らせば、使用者が過敏症になるリスクが減る。通知を守ることは、過敏症の人のためだけでなく、使用者のためでもあるのです」

◆薬剤散布 国の通知 
 <1>住宅地では定期的な農薬散布をやめ、害虫の捕殺など環境への負荷が少ない方法に切り替える。雑草は抜くか、刈り取る

 <2>やむを得ず農薬を使う場合、誘殺や塗布など散布以外の方法を検討する

 <3>やむをえず散布する場合、無風や風の弱い日を選ぶなど、周辺への影響が少ない日を選び、散布区域は最小限にとどめる。農薬使用者は事前に、近隣住民に散布日時などを知らせる


この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://nagsan.blog105.fc2.com/tb.php/30-7436f123
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)