化学物質過敏症 つきあいかたのヒント
化学物質過敏症(CS)と電磁波過敏症(ES)とともに歩む泣き笑い日記
最新コメント

プロフィール

なごみ

Author:なごみ
自宅の外装工事がきっかけで化学物質過敏症と電磁波過敏症をほぼ同時に発症。その後、一進一退を繰り返していますが、できる限り普通の人として生きたいと思っています。

発症してしばらくは孤独な日々だったので、初めてCSの仲間と出会ったときは本当にうれしかったです。そんな人がきっとほかにもいるに違いない、との思いから仲間への呼びかけを始めました。発症から7年目のいまは多くの仲間たちに支えられて感謝の日々です。(2008年10月記)

・CS和の会代表
・カウンセラー
・シックハウス対策アドバイザー

【化学物質過敏症とは】
ごく普通に身の回りにある建材、家庭用品や化粧品などに含まれる化学物質に反応して、さまざまな身体的、精神的症状があらわれます。
まだ未解明な部分はありますが、ある一定量の化学物質にさらされると、
それ以降は微量の物質にも過敏に反応するようになるといわれています。
発症すると、ごく普通の社会生活がほとんどできなくなる人もいます。

【電磁波過敏症とは】
家庭内で使われている電気製品や携帯電話、パソコン、送電線などから出る電磁波で、化学物質過敏症と似た症状を起こすことが知られています。
化学物質過敏症と電磁波過敏症の併発率は80%と言われています。
     * * *
詳しいことは下記のサイトをご覧ください。
・ 化学物質過敏症支援センター
  http://www.cssc.jp/
・ 電磁波問題全国ネットワーク
  http://www.gsn.jp/index.htm
・ CS和の会~化学物質過敏症の仲間たち~http://home.n01.itscom.net/wanokai/

【注】 化学物質過敏症は反応するものがそれぞれ違うので、私が大丈夫のものでも他の方に大丈夫とは限りません。ここに掲載されているものをご利用なさる際は、あくまでもご自分でご判断くださいますようお願いします。

最新記事

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

FC2カウンター

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

紫煙・冷房 私も苦しい  朝日新聞
紫煙・冷房 私も苦しい 朝日新聞記事15%

ちょっと遅れましたが・・・、
仲間からの情報です(私は新聞をとっていないので仲間からの情報はとてもありがたいのです)。
8月14日の朝日新聞朝刊に、先日の新聞と同じシリーズについての反響が紙面に掲載されていました。 
先日の記事の日記はこちら→http://nagsan.blog105.fc2.com/blog-entry-215.html

---以下記事内容です---

紫煙・冷房 私も苦しい 耐えられない! 反響編

「働く」面で職場の環境問題を取り上げた「耐えられない!」シリーズに、たくさんの反響が寄せられました。同僚のたばこの煙で被害を受けた人たちや、エアコンで体調を崩した人たちを中心に紹介します。

「耐えられない!反響編」
<職場で20年我慢 のどにがん>
 職場のたばこの煙で体調を崩し、上司に相談したら退職や休職に追い込まれた──。そんな経験をした2人を紹介したところ、「私も同じ目に遭った」というメールが多数寄せられた。
 生活雑貨を扱う関東地方の会社に勤めていた女性(42)は今春、入社からわずか半年で職を失った。
 社員は女性だけ。十数人の小さな職場だった。喫煙者が多く、自席でもたばこを吸っていた。マスクで自衛したものの、頭やのどの痛みに耐えきれなくなった。
 恐る恐る上司に相談したら、社長や同僚からなじられた。「煙が苦手なのを隠して入社した方が悪い」「煙で頭痛なんて聞いた事がない」「今すぐ辞めろ」。その日のうちに解雇を言い渡された。
 後日、人事担当から「自己都合退職にした方が自分のためだ」と電話がきた。拒否したら、正社員で入社したはずなのに、契約社員の期間満了として処理された。
 女性が勤めたことがある複数の外資系企業では、職場が禁煙することは当たり前だった。「不況の今は仕事があるだけでありがたいので、働く人の立場が弱くなっています。法律では職場は禁煙とし、違反したら厳しく罰して欲しい」
 東京都内に住む主婦(65)は医学系の出版社で20年間、編集に携わった。職場は喫煙に寛大で、雨の日は窓を開けても煙が室内にたまった。
頭や耳、鼻、のどが痛み、翌日は休むしかなかった。
 退職して2年後、のどにがんが見つかった。喫煙も飲酒もしない人の発症は珍しいと医師から言われた。「個人の嗜好のために他人に害を与える喫煙が何故放置されているのか不思議です。厳しい規制は喫煙者本人の健康のためにもなるはずです」


<暑がりの人が22度に設定>
 エアコンの温度設定についても、同じように悩む人がいた。
 滋賀県内の紡績工場で働いていた女性(47)は、業務用の大きなエアコンの前に席があり、強い冷風を浴び続けて体調を崩した。ダンボールで囲いを作ってもらい、登山用の下着を重ね着し、帰宅後は熱いお風呂で体を温めたが震えが止まらない。ひと夏は我慢して勤めたが、退職後も冷房を受け付けない体質になってしまったという。
 今は外で植栽の仕事をしている。「冷房が障害になって仕事は選べないし、買物や外食、旅行にも支障がある。本当に苦しい」と言う。
 神奈川県の女性(43)の職場では、暑がりの社員が空調の設定温度を22度に下げてしまう。指先のしびれやだるさ、吐き気に悩まされ、5月末には自律神経失調症と診断されて1週間ほど休まざるを得なかった。
 女性が座る席の背後と両脇をアクリル板で囲うなど、会社も配慮はしてくれている。だが、冷風を完全に避けることはできず、体調も戻らない。女性は「空調の設定温度を高くしてくれないと、根本的な解決にはならない。『クールビズ』を掛け声だけに終わらせないでほしい」と訴える。
 「学校の教室に空調が設置され、一部の生徒が冷えで体調を崩している」「電車の冷風がつらい」など、職場以外の問題を訴える声もあった。 

     □

 化学物質過敏症についても投稿があった。ある女性は勤め先のスーパーで、特定の売り場に立つと、目がチカチカしたり、口の中が痛くなったりする症状が出た。化学物質を多用する製造方法に疑問を感じるという。自分も患者だという別の女性は、食べ物や化粧品の制約が多く、職場や家庭でなかなか理解されない苦しさをつづった。
 妊娠中に職場の受動喫煙や空調に苦しめられたという都内の元看護師(34)からはこんな意見が寄せられた。「職場で働くということは、みんなの支え合いで成り立っている。自分だけ良ければというのではなく、皆にとってより良い職場環境を考えていくべきだ」

2010年8月14日【朝日新聞】 朝刊

---ここまで---
この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://nagsan.blog105.fc2.com/tb.php/226-7425911f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)