化学物質過敏症 つきあいかたのヒント
化学物質過敏症(CS)と電磁波過敏症(ES)とともに歩む泣き笑い日記
最新コメント

プロフィール

なごみ

Author:なごみ
自宅の外装工事がきっかけで化学物質過敏症と電磁波過敏症をほぼ同時に発症。その後、一進一退を繰り返していますが、できる限り普通の人として生きたいと思っています。

発症してしばらくは孤独な日々だったので、初めてCSの仲間と出会ったときは本当にうれしかったです。そんな人がきっとほかにもいるに違いない、との思いから仲間への呼びかけを始めました。発症から7年目のいまは多くの仲間たちに支えられて感謝の日々です。(2008年10月記)

・CS和の会代表
・カウンセラー
・シックハウス対策アドバイザー

【化学物質過敏症とは】
ごく普通に身の回りにある建材、家庭用品や化粧品などに含まれる化学物質に反応して、さまざまな身体的、精神的症状があらわれます。
まだ未解明な部分はありますが、ある一定量の化学物質にさらされると、
それ以降は微量の物質にも過敏に反応するようになるといわれています。
発症すると、ごく普通の社会生活がほとんどできなくなる人もいます。

【電磁波過敏症とは】
家庭内で使われている電気製品や携帯電話、パソコン、送電線などから出る電磁波で、化学物質過敏症と似た症状を起こすことが知られています。
化学物質過敏症と電磁波過敏症の併発率は80%と言われています。
     * * *
詳しいことは下記のサイトをご覧ください。
・ 化学物質過敏症支援センター
  http://www.cssc.jp/
・ 電磁波問題全国ネットワーク
  http://www.gsn.jp/index.htm
・ CS和の会~化学物質過敏症の仲間たち~http://home.n01.itscom.net/wanokai/

【注】 化学物質過敏症は反応するものがそれぞれ違うので、私が大丈夫のものでも他の方に大丈夫とは限りません。ここに掲載されているものをご利用なさる際は、あくまでもご自分でご判断くださいますようお願いします。

最新記事

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

FC2カウンター

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

「化学物質 体むしばむ」 朝日新聞記事
化学物質体むしばむ 朝日新聞記事15%

今日の朝日新聞 生活欄「働く」のコーナーです。

周囲から理解してもらえず苦しんでいる人や、
発症しているにも関わらずそれと知らずに苦しんでいる人が
この記事によってどれだけ救われることでしょう。

このような記事、どんどん掲載して欲しいですね。


ーーー記事内容ここからーーー

<化学物質 体むしばむ>
 心療内科や精神科を訪ね歩いた。著名な精神科医も、うつ病と診断した。だが、どこで治療を受けても、突然、力が抜け、判断力や記憶力が低下したり、平衡感覚を失ったりする症状は消えなかった。
 大手メーカーの30代男性社員の体に、大きな異変が表れたのは4年前のことだ。
 症状はどんどん悪化し、すぐに休職を余儀なくされた。原因不明のまま1年がすぎたころ、知人の勧めで受診した北里大学研究所病院(東京都港区)で、「典型的な化学物質過敏症」と診断された。
 よく知らない病名に戸惑ったが、医師の話は思い当たることばかりだった。たばこの煙に吐き気を催すようになり、喫煙をやめた。清掃用ワックスや整髪料、香水のにおいをかぐだけで、体調を崩した。ひどい時は、路上に横たわったまま、数時間、動けなくなることもあった。
 振り返れば発症前の半年ほど、接着剤を使う工程の改善作業を任され、連日、深夜まで残業を続けた。有機溶剤を含む接着剤だったが、マスクをつけていなかった。それが原因だと直感したが、今となっては証明できない。
 つらいのは、自分の意思ではどうにもならない病気ということが、なかなか周囲に理解されないことだ。同僚や友人には「気の持ちようでは」と言われる。妻にも「本当は働けるのに怠けている」と誤解され、離婚した。
 今は極力、化学物質を避けて暮らす。症状は和らいできたが、無農薬・有機の食材しか受け付けず、合成繊維の服もだめだ。とにかく出費がかさむ。それだけに復職を望むが、元の職場では耐えられない。「誰もがかかる可能性があることを分かってもらい、少しずつでも働ける環境が整うといいのですが・・・」


化学物質過敏症は、体内に入った化学物質が、脳の機能に影響して発症すると考えられている。眼球の動きや平衡機能に異常が見つかることが多い。ごく微量でも長期間、摂取すると発症する場合がある。多種類の物質に反応し、職場や家庭で日常生活を送ることが難しくなる人もいる。
 昨年10月には、診療報酬請求の病名リストに中毒疾患の一種として初めて登録された。しかし、症状の個人差が大きく、精神疾患と見分けにくい。医学界にはなお、「確立した疾病とは言えない」という意見も根強く残る。


<職場が原因か特定困難 労災認定に壁>
 労働災害の認定でも、化学物質過敏症をどう扱うかが、大きな課題になっている。
 数年前、関東地方のテナントビル内の店舗で働いていた複数の店員が、ほぼ同時に化学物質過敏症を発症した。
 隣に開店したネイルサロンから、マニキュアや接着剤に含まれた有機溶剤の強い刺激臭が店に入っていた。店員たちは、有機溶剤が原因だと考えて労災認定を求めたが、労働基準監督署は因果関係を認めず、不支給処分を下した。  
 化学物質過敏症を研究する東海大学医学部の坂部貢教授は「発症者には、職場に原因があるとみられる例が少なくない」と指摘する。しかし、自宅の環境などの要因も否定しきれず、発症原因が職場にあると特定することは難しい。この結果、休職や退職に至っても労災認定を受けられず、生活に困る人が多い。


北海道在住の女性(58)の場合は、職場の建物工事が人生を一変させた。
 化学物質過敏症を発症したのは、郵政職員だった1998年。郵便局舎の増築工事中に、ペンキ塗りたての部屋で働いた。コンクリートを削る音が響き、粉じんも入ってきた。咳やめまい、頭痛などの症状が次々に出た。配置転換を希望したが認められず、歩くこともままならなくなって半年後に休職した。
 工事中のペンキや粉じんが原因と考えた女性は2000年、公務災害の認定を申し立てた。審査は長引き、5年後の05年になって認定された。だが、過敏症との因果関係は認められず、アレルギー症状の悪化として認定された。
 女性は今、市街地を離れて山里で暮らす。知人に畑を借り、無農薬の野菜を自分で育てる。「体に良くないものに人一倍敏感なだけで、病気だとは思わなくなった。無理をせず、その日できることをやっていきたい」。2人の孫の成長が何より楽しみだ。
 坂部教授は「お酒が一滴も飲めない人がいるように、化学物質の許容量には個人差がある。まずはこの病気がどういうものか、それぞれの職場で理解を深めてほしい。行政も化学物質に過敏に反応する人たちの健康も守られるように、労働現場での基準の見直しに取り組むべきだ」と話している。
(江口悟)

2010年8月3日(火曜)朝日新聞 朝刊

ーーーここまでーーー

この記事に対するコメント
こんにちは
はじめまして
CS和の会のリンクからこちらに来ました。
CS発症してもうすぐ3ヶ月になります。まだまだこれから頑張らなきゃいけないのに、もうヘタれてしまっていましたが、なごみさんのブログを全て拝見させて頂いて、前向きに積極的に活動されてるご様子に「疲れたなぁ」なんて甘えたこと言ってる段階じゃないなと元気をいただきました。ありがとうございました。
なごみさんと同市ではありませんが、私も厚木市の隣市です(メロンパンのSAが有名です)
これからも時々伺わせて頂きたく思います。では。
【2010/08/04 11:15】 URL | 亜希 #co9xvPLk [ 編集]


亜希さん
コメントありがとうございました。
発症して3ヶ月では戸惑うことが多くて大変でしょう。
何がなんだか分からなくてパニック状態だった最初の頃を思い出します。
経験者の話からは参考になることがたくさんあります。
ぜひ大勢の仲間たちとつながって、一緒に乗り越えていきましょう。
お住まいがお近くのようなので私も心強いです。
これからよろしくお願いしますね。

【2010/08/04 14:56】 URL | #l64ziydc [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://nagsan.blog105.fc2.com/tb.php/215-c02c35f6
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)