化学物質過敏症 つきあいかたのヒント
化学物質過敏症(CS)と電磁波過敏症(ES)とともに歩む泣き笑い日記
最新コメント

プロフィール

なごみ

Author:なごみ
自宅の外装工事がきっかけで化学物質過敏症と電磁波過敏症をほぼ同時に発症。その後、一進一退を繰り返していますが、できる限り普通の人として生きたいと思っています。

発症してしばらくは孤独な日々だったので、初めてCSの仲間と出会ったときは本当にうれしかったです。そんな人がきっとほかにもいるに違いない、との思いから仲間への呼びかけを始めました。発症から7年目のいまは多くの仲間たちに支えられて感謝の日々です。(2008年10月記)

・CS和の会代表
・カウンセラー
・シックハウス対策アドバイザー

【化学物質過敏症とは】
ごく普通に身の回りにある建材、家庭用品や化粧品などに含まれる化学物質に反応して、さまざまな身体的、精神的症状があらわれます。
まだ未解明な部分はありますが、ある一定量の化学物質にさらされると、
それ以降は微量の物質にも過敏に反応するようになるといわれています。
発症すると、ごく普通の社会生活がほとんどできなくなる人もいます。

【電磁波過敏症とは】
家庭内で使われている電気製品や携帯電話、パソコン、送電線などから出る電磁波で、化学物質過敏症と似た症状を起こすことが知られています。
化学物質過敏症と電磁波過敏症の併発率は80%と言われています。
     * * *
詳しいことは下記のサイトをご覧ください。
・ 化学物質過敏症支援センター
  http://www.cssc.jp/
・ 電磁波問題全国ネットワーク
  http://www.gsn.jp/index.htm
・ CS和の会~化学物質過敏症の仲間たち~http://home.n01.itscom.net/wanokai/

【注】 化学物質過敏症は反応するものがそれぞれ違うので、私が大丈夫のものでも他の方に大丈夫とは限りません。ここに掲載されているものをご利用なさる際は、あくまでもご自分でご判断くださいますようお願いします。

最新記事

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

FC2カウンター

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

第19回日本臨床環境医学会学術集会
日本臨床環境医学会の学術集会が下記のように開催されます。

行ってみたいと思うけど・・・、
参加費が13,000円ではねえ・・・

市民公開特別シンポジウムは参加費無料のようなので
それだけ行ってみようかな・・・

↓チラシはこちら
http://jce19.cocolog-nifty.com/
↓もっと詳しく知りたい方はこちら
http://jce19.cocolog-nifty.com/ecology/files/19jce-annai.pdf

ーーーチラシの一部を転載ここからーーーー

第19回日本臨床環境医学会学術集会
 「患者」から環境が「見える」

 会期:2010年7月2日(金)~3日(土)
 会場:北里大学白金キャンパス
 会長:坂部 貢(東海大学医学部)
 
・特別講演:
 テーマ:「臨床環境医学‐過去・現在、そして未来に期待するもの‐」
  石川 哲(北里大学医学部名誉教授・元医学部長)

・シンポジウム:
 テーマ1:「胎児・小児発達期の化学物質曝露が成長後の健康に与える影響」
  コーディネーター 香山 不二雄(自治医科大学)
 テーマ2:「フッ化物と健康」
  コーディネーター 佐藤 勉(日本歯科大学)

・ランチョンセミナー:
 テーマ:「睡眠と子どもの健康」
   瀬川 昌也(瀬川小児神経学クリニック)

・市民公開特別シンポジウム:
  テーマ:「居住環境と知的生産性」
  コーディネーター 村上周三(独立行政法人 建築研究所理事長) 
  田辺新一(早稲田大学創造理工学部)



この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://nagsan.blog105.fc2.com/tb.php/186-10315034
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)