化学物質過敏症 つきあいかたのヒント
化学物質過敏症(CS)と電磁波過敏症(ES)とともに歩む泣き笑い日記
最新コメント

プロフィール

なごみ

Author:なごみ
自宅の外装工事がきっかけで化学物質過敏症と電磁波過敏症をほぼ同時に発症。その後、一進一退を繰り返していますが、できる限り普通の人として生きたいと思っています。

発症してしばらくは孤独な日々だったので、初めてCSの仲間と出会ったときは本当にうれしかったです。そんな人がきっとほかにもいるに違いない、との思いから仲間への呼びかけを始めました。発症から7年目のいまは多くの仲間たちに支えられて感謝の日々です。(2008年10月記)

・CS和の会代表
・カウンセラー
・シックハウス対策アドバイザー

【化学物質過敏症とは】
ごく普通に身の回りにある建材、家庭用品や化粧品などに含まれる化学物質に反応して、さまざまな身体的、精神的症状があらわれます。
まだ未解明な部分はありますが、ある一定量の化学物質にさらされると、
それ以降は微量の物質にも過敏に反応するようになるといわれています。
発症すると、ごく普通の社会生活がほとんどできなくなる人もいます。

【電磁波過敏症とは】
家庭内で使われている電気製品や携帯電話、パソコン、送電線などから出る電磁波で、化学物質過敏症と似た症状を起こすことが知られています。
化学物質過敏症と電磁波過敏症の併発率は80%と言われています。
     * * *
詳しいことは下記のサイトをご覧ください。
・ 化学物質過敏症支援センター
  http://www.cssc.jp/
・ 電磁波問題全国ネットワーク
  http://www.gsn.jp/index.htm
・ CS和の会~化学物質過敏症の仲間たち~http://home.n01.itscom.net/wanokai/

【注】 化学物質過敏症は反応するものがそれぞれ違うので、私が大丈夫のものでも他の方に大丈夫とは限りません。ここに掲載されているものをご利用なさる際は、あくまでもご自分でご判断くださいますようお願いします。

最新記事

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

FC2カウンター

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

講演と診断デモンストレーション
こんなセミナーがあるようです。

行ってみたいけど行かれるかなあ・・・


↓チラシ
http://www.jca.apc.org/tcsse/koen100627.pdf

ーーー記事内容転記ここからーーーーーーーーーーーーーー

講演と診断デモンストレーション
「歯科医からみた電磁波障害」

日時:2010年6月27日(日) 13時半 (13時10分開場)~16時半
場所:浜町区民館 (浜町会館内) 東京都中央区日本橋浜町3-37-1
 (都営地下鉄新宿線【浜町駅】A2出入口から徒歩約7分)
講師:藤井佳朗先生(新神戸歯科医院)
資料代:800円
参加申込み:不要(当日会場へお越し下さい)
主催:電磁波問題市民研究会
 http://www.jca.apc.org/tcsse/index-j.html
 電話 047-406-6608(大久保)


電磁波過敏症など、環境中の電磁波被曝によって症状が出る方について、歯の詰め物の交換などの方法により症状の改善を行ってきた歯科医の藤井先生に、実際の診療の様子を撮影したビデオを上映していただきながら、ご講演いただきます。

■電磁波による体調問題を抱えている方へ
当日会場において、藤井先生に公開の診断デモンストレーションを行っていただきます。その結果、電磁波への反応が明らかな方2、3名について、参加者みんなで対処法を検討します。
【ご注意】
※電磁波による健康問題を抱えており、診断デモンストレーションにご参加を希望される方は、アルミホイルとセロハンテープをご用意ください。女性の方は、 スカートではなく動きやすいズボンをご着用ください。

※診断のために意図的に携帯電話の電波を曝露させていただく場合がございます
※電磁波障害は未知の部分が多いため、すべての発症者について診断ができるとは限りません
※時間の関係で、すべての方への個別対応はいたしかねる場合もございますので、 あらかじめご了承ください

■講師・藤井佳朗先生略歴
1985年、愛知学院大学歯学部卒業。89年、同大学院修了。2009年、国際鍼灸電気治療大学フェロー認定(ニューヨークにて)。日本医用歯科機器学会理事。生涯健康学会理事。
歯のかみ合わせを調整する「咬合治療」により、不定愁訴(慢性の腰痛、頭痛など)、顎関節症、アトピー性皮膚炎、リウマチなど全身の様々な疾患を治療。実業団女子駅伝などスポーツ選手の治療にも取り組んでいる。
約10年前から電磁波の影響で健康問題が出ている患者の存在に気付き、診療方法を追求してきた。
著書:『歯科からの医療革命』『携帯電話は体に悪いのか?』(ともに現代書林)
ほか。

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://nagsan.blog105.fc2.com/tb.php/185-38d62904
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)