化学物質過敏症 つきあいかたのヒント
化学物質過敏症(CS)と電磁波過敏症(ES)とともに歩む泣き笑い日記
最新コメント

プロフィール

なごみ

Author:なごみ
自宅の外装工事がきっかけで化学物質過敏症と電磁波過敏症をほぼ同時に発症。その後、一進一退を繰り返していますが、できる限り普通の人として生きたいと思っています。

発症してしばらくは孤独な日々だったので、初めてCSの仲間と出会ったときは本当にうれしかったです。そんな人がきっとほかにもいるに違いない、との思いから仲間への呼びかけを始めました。発症から7年目のいまは多くの仲間たちに支えられて感謝の日々です。(2008年10月記)

・CS和の会代表
・カウンセラー
・シックハウス対策アドバイザー

【化学物質過敏症とは】
ごく普通に身の回りにある建材、家庭用品や化粧品などに含まれる化学物質に反応して、さまざまな身体的、精神的症状があらわれます。
まだ未解明な部分はありますが、ある一定量の化学物質にさらされると、
それ以降は微量の物質にも過敏に反応するようになるといわれています。
発症すると、ごく普通の社会生活がほとんどできなくなる人もいます。

【電磁波過敏症とは】
家庭内で使われている電気製品や携帯電話、パソコン、送電線などから出る電磁波で、化学物質過敏症と似た症状を起こすことが知られています。
化学物質過敏症と電磁波過敏症の併発率は80%と言われています。
     * * *
詳しいことは下記のサイトをご覧ください。
・ 化学物質過敏症支援センター
  http://www.cssc.jp/
・ 電磁波問題全国ネットワーク
  http://www.gsn.jp/index.htm
・ CS和の会~化学物質過敏症の仲間たち~http://home.n01.itscom.net/wanokai/

【注】 化学物質過敏症は反応するものがそれぞれ違うので、私が大丈夫のものでも他の方に大丈夫とは限りません。ここに掲載されているものをご利用なさる際は、あくまでもご自分でご判断くださいますようお願いします。

最新記事

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

FC2カウンター

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「あらかい健康キャンプ村」
つい先日ですが
「あらかい健康キャンプ村」という本が発行されました。
http://www.shinsui.co.jp/detail.php

福島県南会津町にある「あらかい健康キャンプ村」という
化学物質過敏症や電磁波過敏症の発症者の避難施設について、
これまでの経緯や考え方、取り組み、
重症な患者さんの過去から現在の様子などが書かれています。
発症者には参考になることがいっぱいで、なかなかいい本だと思います。
私のこれまでの経験やCS和の会についても載せていただいていますので
よろしかったらご覧ください。

ーーーーー
書籍紹介から

【内 容】
化学物質や電磁波に反応して、広範囲の臓器に不具合を生じる化学物質・電磁波過敏症の人々が暮らす「あらかい健康キャンプ村」は、日本で唯一、行政が支援する環境病発症者のための避難場所である。
村民たちの壮絶な闘病、あらかい村での療養の日々、そしてあらかい村運営側、それぞれに密着したノンフィクション!

【目 次】
第1章 日本初の環境村
第2章 「あらかい健康キャンプ村」の「村民たち」
善意に支えられ「雪中のテント生活」を乗り切る/携帯電話基地局撤去に奮闘した「村民第一号」/「『あらかい村』で元気になった」生き証人/「からだを蘇らせる料理」を作りたい/「スーパー営業ウーマン」から「電磁波難民」に/1カ月の養生で化学物質過敏症を治す
第3章 「あらかい健康キャンプ村誕生」物語
第4章 「あらかい健康キャンプ村」の仲間たち
セルフヘルプグループ「和の会」を主催/化学物質・電磁波に敏感な子どもを保育できる保育室/行政を仲間に学校を化学物質の少ない環境へ/四国に化学物質・電磁波の影響が少ない邨を/生活者の対場から、地域社会のあり方を問い続ける/「環境病」を未然に防ぐのが自分の使命


スポンサーサイト

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。