化学物質過敏症 つきあいかたのヒント
化学物質過敏症(CS)と電磁波過敏症(ES)とともに歩む泣き笑い日記
最新コメント

プロフィール

なごみ

Author:なごみ
自宅の外装工事がきっかけで化学物質過敏症と電磁波過敏症をほぼ同時に発症。その後、一進一退を繰り返していますが、できる限り普通の人として生きたいと思っています。

発症してしばらくは孤独な日々だったので、初めてCSの仲間と出会ったときは本当にうれしかったです。そんな人がきっとほかにもいるに違いない、との思いから仲間への呼びかけを始めました。発症から7年目のいまは多くの仲間たちに支えられて感謝の日々です。(2008年10月記)

・CS和の会代表
・カウンセラー
・シックハウス対策アドバイザー

【化学物質過敏症とは】
ごく普通に身の回りにある建材、家庭用品や化粧品などに含まれる化学物質に反応して、さまざまな身体的、精神的症状があらわれます。
まだ未解明な部分はありますが、ある一定量の化学物質にさらされると、
それ以降は微量の物質にも過敏に反応するようになるといわれています。
発症すると、ごく普通の社会生活がほとんどできなくなる人もいます。

【電磁波過敏症とは】
家庭内で使われている電気製品や携帯電話、パソコン、送電線などから出る電磁波で、化学物質過敏症と似た症状を起こすことが知られています。
化学物質過敏症と電磁波過敏症の併発率は80%と言われています。
     * * *
詳しいことは下記のサイトをご覧ください。
・ 化学物質過敏症支援センター
  http://www.cssc.jp/
・ 電磁波問題全国ネットワーク
  http://www.gsn.jp/index.htm
・ CS和の会~化学物質過敏症の仲間たち~http://home.n01.itscom.net/wanokai/

【注】 化学物質過敏症は反応するものがそれぞれ違うので、私が大丈夫のものでも他の方に大丈夫とは限りません。ここに掲載されているものをご利用なさる際は、あくまでもご自分でご判断くださいますようお願いします。

最新記事

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

FC2カウンター

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

「生体と電磁波」
行ってきました。
27日の講演会「生体と電磁波」


内容は結構専門的でした。
換気のできない部屋なので、集中して聞くことがなかなかできず
どこまで理解できているか疑問ですが
興味深いことがたくさんありました。
また、電磁波や電磁波過敏症に関してこんなに真剣に
取り組んでいる先生方がいてくださることが心強く
とてもうれしかったです。

真実がどんどん解明されていって欲しいです。


今回は、本の出版記念の講演会で
本が割引価格で販売されていたので、
ちょっと頑張って買ってきました。
でも臭くてまだ読めません。 トホホ・・・

生体と電磁波

「生体と電磁波」
坂部 貢/羽根邦夫/宮田幹夫 著 丸善出版
http://pub.maruzen.co.jp/book_magazine/news_event/2012/seitaidenjiha.html

ーーー丸善出版HPよりーーー
携帯電話やパソコン、医療機器、電子レンジやIH調理器など
現代の私たちの生活は電磁波にとりまかれているといっても
過言ではありません。
本書は、この日常生活に密着した人工電磁波の人体への影響を、
その最新情報・動向を収集し、見解を取りまとめ、「電磁波」
とは何者で、一体何が「問題なのか」を解説するものです。

■目次
第1章 電磁波について
 1-1 電磁波はエネルギー
 1-2 生体を取り巻く人口電磁波について
 1-3 高周波電磁波
 1-4 低周波電磁波
 1-5 まとめ

第2章 電磁波被爆と細胞
 2-1 アポトーシスの誘導
 2-2 遺伝子(DNA)損傷
 2-3 電磁波の原生生物への作用

第3章 電磁波と生体
 3-1 老化
 3-2 目への影響
 3-3 発がんへの影響
 3-4 神経系への影響
 3-5 生殖器官、周参期への影響
 
第4章 電磁波障害への対応
 4-1 住環境での対応(国レベル)
 4-2 住環境での対応(個人レベル)
 4-3 食生活、栄養摂取での対応
 4-4 運動および生活での対応
索引