化学物質過敏症 つきあいかたのヒント
化学物質過敏症(CS)と電磁波過敏症(ES)とともに歩む泣き笑い日記
最新コメント

プロフィール

Author:なごみ
自宅の外装工事がきっかけで化学物質過敏症と電磁波過敏症をほぼ同時に発症。その後、一進一退を繰り返していますが、できる限り普通の人として生きたいと思っています。

発症してしばらくは孤独な日々だったので、初めてCSの仲間と出会ったときは本当にうれしかったです。そんな人がきっとほかにもいるに違いない、との思いから仲間への呼びかけを始めました。発症から7年目のいまは多くの仲間たちに支えられて感謝の日々です。(2008年10月記)

・CS和の会代表
・カウンセラー
・シックハウス対策アドバイザー

【化学物質過敏症とは】
ごく普通に身の回りにある建材、家庭用品や化粧品などに含まれる化学物質に反応して、さまざまな身体的、精神的症状があらわれます。
まだ未解明な部分はありますが、ある一定量の化学物質にさらされると、
それ以降は微量の物質にも過敏に反応するようになるといわれています。
発症すると、ごく普通の社会生活がほとんどできなくなる人もいます。

【電磁波過敏症とは】
家庭内で使われている電気製品や携帯電話、パソコン、送電線などから出る電磁波で、化学物質過敏症と似た症状を起こすことが知られています。
化学物質過敏症と電磁波過敏症の併発率は80%と言われています。
     * * *
詳しいことは下記のサイトをご覧ください。
・ 化学物質過敏症支援センター
  http://www.cssc.jp/
・ 電磁波問題全国ネットワーク
  http://www.gsn.jp/index.htm
・ CS和の会~化学物質過敏症の仲間たち~http://home.n01.itscom.net/wanokai/

【注】 化学物質過敏症は反応するものがそれぞれ違うので、私が大丈夫のものでも他の方に大丈夫とは限りません。ここに掲載されているものをご利用なさる際は、あくまでもご自分でご判断くださいますようお願いします。

最新記事

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

FC2カウンター

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

シンポジウム行ってきました
少し前になりましたが、
行ってきました、シンポジウム

日本の電磁波事情は悪化の一途を辿っているようで、
2017年には電磁波で体調を崩す人の割合は
全体の50%に達するだろうとのことでした。

携帯基地局による健康被害事例報告は
被害の厳しさ、深刻さに胸が痛みました。

印象的だったのは、
奥さんが体調不良を訴え始めて数年後、
ご主人が退職して家にいる時間が長くなったら
同じ症状が出て、
奥さんの言っている事は嘘じゃなかった、
と気づいたという男性が2人もいたことでした。

私の仲間には、近くで誰かが携帯電話の電源を入れただけでも
体に痛みを感じる人が何人もいます。
(私も発症当初はそうでした)
電磁波で具合悪くなるのは嘘じゃないんです。

いま何とも感じない人も、できるだけ電磁波曝露を避け、
今後健康被害を受ける可能性を少しでも減らして欲しいです。


ーーーーーーー
プログラムは下記です。

基調講演
○「電磁波について」荻野晃也さん(電磁波環境研究所所長)
○「電磁波についてのリスクコミュニケーション」高峰真さん(弁護士・日弁連公害対策環境保全委員)
携帯電話基地局周辺における健康調査報告
○「兵庫県川西市の健康調査と電磁波過敏症について」加藤やすこさん(ジャーナリスト)
○「福岡県太宰府市の健康調査」近藤加代子さん(九州大学大学院芸術工学研究院准教授)
○「沖縄県那覇市の健康調査」新城哲治さん(大道中央病院内科医、医学博士(分子生物学))
電磁波の実状
○懸樋哲夫さん(ガウスネット代表)
○門川淑子さん(スカパー巨大アンテナに反対する住民の会代表)
携帯電話基地局による健康被害事例報告
○兵庫 ○横浜 ○長野 ○沖縄

スポンサーサイト

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。