化学物質過敏症 つきあいかたのヒント
化学物質過敏症(CS)と電磁波過敏症(ES)とともに歩む泣き笑い日記
最新コメント

プロフィール

なごみ

Author:なごみ
自宅の外装工事がきっかけで化学物質過敏症と電磁波過敏症をほぼ同時に発症。その後、一進一退を繰り返していますが、できる限り普通の人として生きたいと思っています。

発症してしばらくは孤独な日々だったので、初めてCSの仲間と出会ったときは本当にうれしかったです。そんな人がきっとほかにもいるに違いない、との思いから仲間への呼びかけを始めました。発症から7年目のいまは多くの仲間たちに支えられて感謝の日々です。(2008年10月記)

・CS和の会代表
・カウンセラー
・シックハウス対策アドバイザー

【化学物質過敏症とは】
ごく普通に身の回りにある建材、家庭用品や化粧品などに含まれる化学物質に反応して、さまざまな身体的、精神的症状があらわれます。
まだ未解明な部分はありますが、ある一定量の化学物質にさらされると、
それ以降は微量の物質にも過敏に反応するようになるといわれています。
発症すると、ごく普通の社会生活がほとんどできなくなる人もいます。

【電磁波過敏症とは】
家庭内で使われている電気製品や携帯電話、パソコン、送電線などから出る電磁波で、化学物質過敏症と似た症状を起こすことが知られています。
化学物質過敏症と電磁波過敏症の併発率は80%と言われています。
     * * *
詳しいことは下記のサイトをご覧ください。
・ 化学物質過敏症支援センター
  http://www.cssc.jp/
・ 電磁波問題全国ネットワーク
  http://www.gsn.jp/index.htm
・ CS和の会~化学物質過敏症の仲間たち~http://home.n01.itscom.net/wanokai/

【注】 化学物質過敏症は反応するものがそれぞれ違うので、私が大丈夫のものでも他の方に大丈夫とは限りません。ここに掲載されているものをご利用なさる際は、あくまでもご自分でご判断くださいますようお願いします。

最新記事

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

FC2カウンター

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

世の中捨てたもんじゃない
先日、とってもうれしいことがありました。


話すと長くなるのですが、順番に書くので読んでください。

昨年11月
CS・ESカードのことが掲載された新聞のコピーとリーフレットを持って
地域の消防署(本署)にCS理解のお願いに行きました。
対応してくれた人は結構関心を持って聞いてくれました。

先月
消防署から私のところに電話がありました。
「耳が不自由で、化学物質過敏症だという人から署に問合せFAXがあった。
前にもらったリーフレットに書かれていた相模原病院を紹介したが、
あとどう対応していいか分からないので聞かせて欲しい。」
そこで私は、支援センターのFAX相談窓口とCS和の会のホームページを知らせ、
連絡するように伝えてと言いました。

そして、先日
支援センターのホームページをプリントアウトしたものと
総務省から出されたCSについての報告書(「ちょうせい」)を持って
再度署を訪ねました。
また非常に関心を持って聞いてくれました。
そのCS発症者は、近所の病院で
「化学物質過敏症だから専門病院を受診するように」と言われたのだそうです。

問合せがあったときにリーフレットを思い出してくれたこと、
私を思い出して問合せをくれたこと
そして、近所にもCSと判断してくれる病院があると知ったこと。
うれしいことばかりでした。


すっかり気をよくした私は、
その足で警察署(消防署の真向かい)にも行きました。
警察署では「こういうのは署員全員に伝えなきゃならないから・・・」
と言ってくれ、奥の小部屋に通されました。
担当の署員はCSのことを知っていて
「この部屋大丈夫ですか・・・ (発症すると)本当に大変なようですね。」
と気遣ってくれました。
市内にもっといることが考えられるので署員に伝えておくとのこと。

これもまたうれしい出来事でした。


つらいこともあるけれど、こんなうれしいことがあるなんて
世の中捨てたもんじゃない。
本当にありがたいです。


スポンサーサイト

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。