化学物質過敏症 つきあいかたのヒント
化学物質過敏症(CS)と電磁波過敏症(ES)とともに歩む泣き笑い日記
最新コメント

プロフィール

なごみ

Author:なごみ
自宅の外装工事がきっかけで化学物質過敏症と電磁波過敏症をほぼ同時に発症。その後、一進一退を繰り返していますが、できる限り普通の人として生きたいと思っています。

発症してしばらくは孤独な日々だったので、初めてCSの仲間と出会ったときは本当にうれしかったです。そんな人がきっとほかにもいるに違いない、との思いから仲間への呼びかけを始めました。発症から7年目のいまは多くの仲間たちに支えられて感謝の日々です。(2008年10月記)

・CS和の会代表
・カウンセラー
・シックハウス対策アドバイザー

【化学物質過敏症とは】
ごく普通に身の回りにある建材、家庭用品や化粧品などに含まれる化学物質に反応して、さまざまな身体的、精神的症状があらわれます。
まだ未解明な部分はありますが、ある一定量の化学物質にさらされると、
それ以降は微量の物質にも過敏に反応するようになるといわれています。
発症すると、ごく普通の社会生活がほとんどできなくなる人もいます。

【電磁波過敏症とは】
家庭内で使われている電気製品や携帯電話、パソコン、送電線などから出る電磁波で、化学物質過敏症と似た症状を起こすことが知られています。
化学物質過敏症と電磁波過敏症の併発率は80%と言われています。
     * * *
詳しいことは下記のサイトをご覧ください。
・ 化学物質過敏症支援センター
  http://www.cssc.jp/
・ 電磁波問題全国ネットワーク
  http://www.gsn.jp/index.htm
・ CS和の会~化学物質過敏症の仲間たち~http://home.n01.itscom.net/wanokai/

【注】 化学物質過敏症は反応するものがそれぞれ違うので、私が大丈夫のものでも他の方に大丈夫とは限りません。ここに掲載されているものをご利用なさる際は、あくまでもご自分でご判断くださいますようお願いします。

最新記事

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

FC2カウンター

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

いま私たちにできる支援
昨日、テレビの避難施設からの中継で、
角田先生がインタビューに応じているのを見ました。
かくたこどもアレルギーくりにっくの角田和彦先生です。

「辻安全食品やアレルギーを持つ親の会などから
支援物資が続々到着しているので、
来られる人は取りに来てください」
とのことです。

先生のくりにっくには、
普段から診療を受けているCS発症者が大勢います。
普通の支援物資が利用できない人たちは
どんなに困っていることでしょうと胸が痛みます。

角田先生のところで受付けていただけるのなら
支援物資が直接発症者のもとに届けられる可能性が高いですね。
私も何か送りたいと考えています。

ーーーーーーーーー
かくたこども&アレルギーくりにっく 
http://homepage2.nifty.com/smark/

辻安全食品
http://www.tsuji-a.com/tuji/index.html


新原発の撤回、中電に要望へ 伊勢市長  Asahi.com
11日に発生した地震と津波で犠牲になった方々に対し
     心よりお見舞い申し上げます。


仲間からの情報 asahi.com のニュースです。

福島の原発も怖いですが、
我家は浜岡原発の方がずっと近いです。

浜岡原発が大事故を起こしたら
この辺りは大きな影響を受けるでしょう。
東海地方に大きな地震があったら、と思うととても怖いです。

今回被害に遭われた方々の苦しみを無駄にしないためにも
私も活動の応援をしたいと思います。

ーーー記事内容ここからーーー

新原発の撤回、中電に要望へ 伊勢市長 2011年3月17日
http://mytown.asahi.com/areanews/mie/NGY201103160005.html

 伊勢市の鈴木健一市長は16日、記者会見を開き、浜岡原子力発電所(静岡県御前崎市)の稼働停止と、新たな原発建設の撤回を求める要望書を近く中部電力に提出することを明らかにした。

 鈴木市長は、東京電力の福島第一原発で爆発事故が相次ぎ、危機管理の不備による住民への不安が増大していると指摘。「安全性の根拠がすべて崩れた。市民の生命を守る立場として非常に強い危機感を感じている」と話した。


福島第二原発事故に思う①
11日に発生した地震と津波で犠牲になった方々に対し
     心よりお見舞い申し上げます。


福島第二原発での事故 怖いですね。
自衛隊のヘリが海水の空中散布を開始したようで、
少しは期待していますが、
まだまだ逼迫した状態であることは間違いありません。

また、私は神奈川県にいても不安を感じるのですから、
避難区域にお住まいの方はもちろんのこと、
県内に住んでいる方々の不安や不自由はいかばかりかと思います。

福島県南会津にある避難施設 
あらかい健康キャンプ村の仲間たちのことも心配です。
私も何度も行っていますが、豊かな自然に恵まれた本当にいいところです。
あの素晴らしい環境が壊されることが絶対にないよう、祈っています。


東北地方太平洋沖地震に思う②
福島の第一原発での事故のため電力不足が発生。
それを補うために計画停電だそうです。

我家では普段から暖房なし生活だし、
電気製品は冷蔵庫と洗濯機は使うけれど、掃除機はたまに使うだけ。
レンジは全く使わないし、ご飯もちょくちょく鍋で炊いている。
パソコンやモデム、プリンターなどの複合機も使わないときは電源OFF。

ブレーカーの半分は常に切りっぱなし。
寝るときはさらに切っている。
それでもちっとも困っていません。

いまの日本は電気に依存しすぎ、と私は思います。

もちろん私も協力は惜しみませんが、
本当はみんなが私くらい節電すれば、
計画停電なんかしなくても十分まかなえるのに、
と、不遜にも思ってしまいました。



東北地方太平洋沖地震に思う①
地震の翌日、
大阪の発症者仲間から和の会にメールがありました。

「発症者が必要としているものだけでも送りたい」
「私たちも阪神淡路大震災の時に多くの善意に励まされ、
心を強くしたからです。」

患者仲間と話し合ったのだそうです。
思いがけない言葉に胸が熱くなりました。
発症者にとっての非常時の恐ろしさを知っている仲間からの言葉は
本当にありがたく心強かったです。
私たちも何かができれば、と思いました。

私自身はなにも被害がなかったし、
会のメンバーも大きな被害を受けた人はいないようでほっとしたのですが、
もし何かあった時、気にかけてくれる人がいてくれる。
これは本当に心強くうれしいことでした。