化学物質過敏症 つきあいかたのヒント
化学物質過敏症(CS)と電磁波過敏症(ES)とともに歩む泣き笑い日記
最新コメント

プロフィール

なごみ

Author:なごみ
自宅の外装工事がきっかけで化学物質過敏症と電磁波過敏症をほぼ同時に発症。その後、一進一退を繰り返していますが、できる限り普通の人として生きたいと思っています。

発症してしばらくは孤独な日々だったので、初めてCSの仲間と出会ったときは本当にうれしかったです。そんな人がきっとほかにもいるに違いない、との思いから仲間への呼びかけを始めました。発症から7年目のいまは多くの仲間たちに支えられて感謝の日々です。(2008年10月記)

・CS和の会代表
・カウンセラー
・シックハウス対策アドバイザー

【化学物質過敏症とは】
ごく普通に身の回りにある建材、家庭用品や化粧品などに含まれる化学物質に反応して、さまざまな身体的、精神的症状があらわれます。
まだ未解明な部分はありますが、ある一定量の化学物質にさらされると、
それ以降は微量の物質にも過敏に反応するようになるといわれています。
発症すると、ごく普通の社会生活がほとんどできなくなる人もいます。

【電磁波過敏症とは】
家庭内で使われている電気製品や携帯電話、パソコン、送電線などから出る電磁波で、化学物質過敏症と似た症状を起こすことが知られています。
化学物質過敏症と電磁波過敏症の併発率は80%と言われています。
     * * *
詳しいことは下記のサイトをご覧ください。
・ 化学物質過敏症支援センター
  http://www.cssc.jp/
・ 電磁波問題全国ネットワーク
  http://www.gsn.jp/index.htm
・ CS和の会~化学物質過敏症の仲間たち~http://home.n01.itscom.net/wanokai/

【注】 化学物質過敏症は反応するものがそれぞれ違うので、私が大丈夫のものでも他の方に大丈夫とは限りません。ここに掲載されているものをご利用なさる際は、あくまでもご自分でご判断くださいますようお願いします。

最新記事

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

FC2カウンター

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

ペットのインコが「アロマ」で急死
アロマでペットのインコが急死したそうです。

体にいいと思ってアロマを使っている人が多いようですが
(特に)アロマオイルに化学合成のものが添加されていたら
ペットはもちろん、飼い主にも健康被害が出る可能性があります。
それを知らずに使うのは危険ですね。

ーーー転載ここからーーー
ペットのインコが「アロマ」で急死... 注意喚起ツイートに反響、獣医も危険性を指摘
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180129-00000015-jct-soci&p=1
1/29(月) 19:17配信
J-CASTニュース

「原因は、アロマディフューザー(発生器)でした」――。ペットのインコが急死したという女性が、愛鳥の死因についてツイッターでこう報告した。自宅でアロマを焚き始めてから1週間後に、インコの体調が急変したのだという。

 実際、今回のようなケースについて、鳥類専門の動物病院「小鳥のセンター病院」(埼玉県川口市)の池谷(いけや)真樹院長はJ-CASTニュースの取材に対し、「鳥によって個体差はありますが、アロマを焚くことで中毒死や呼吸不全を起こす恐れはあります」と指摘する。

■「信じられませんでした」

 女性が愛鳥の死を報告したのは2018年1月26日のこと。「私の最愛の娘(オカメインコ)が昨夜亡くなりました」と切り出し、「原因は、アロマディフューザーでした。気が付きませんでした。ショックです」と報告した。続くツイートでは、

  「(インコを)飼うにあたり、神経質に調べたつもりでしたが、アロマは分かりませんでした(略)拡散して頂く事で、2度と同じ不幸が繰り返されませんよう祈るばかりです」

との思いをつづっている。

 女性の投稿は29日夕までに2万回以上リツイートされ、リプライ(返信)欄には「アロマが毒なんて...。知りませんでした」「知らなかった...ずっとアロマ使ってました」といった驚きの声が相次いで寄せられている。

 この女性は29日のJ-CASTニュースの取材に応じ、急死したオカメインコは17年8月に生まれたばかりの幼鳥だと説明。その上で、一連の経緯について、ツイッターを通じて次のように回答した。

 まず、女性がアロマディフューザーを購入したのは1月17日。その日から、インコを飼っているリビングでアロマを焚き始めた。女性が寝るとき以外はほぼ一日中、スイッチをオンにしていたという。

 アロマを焚き始めてから1週間後の24日、インコの体調が急変した。どんどん動きが鈍くなり、食事もあまりとらなくなった。女性は25日に動物病院に連れて行ったが、風邪ではないかと診断され、ただ安静にさせるようにとの指示を受けたという。

 しかし、インコはその日の夕方に死んでしまった。当時の状況について女性は「小さな声を上げて落鳥しました。信じられませんでした」と短く振り返った。
.
獣医「使用は避けるように勧めています」

 その後、女性が愛鳥の死因について考えたところ、心当たりがあったのはアロマディフューザーを使い始めたことだけだった。そこで改めて調べたところ、アロマが小鳥にとって有害な可能性があるとの情報を知ったという。

 この女性によれば、購入したディフューザーとアロマオイルの説明書には、ペットに害を及ぼす可能性があることについての言及はなかった。そのため、注意喚起の意味も込めてツイッターで愛鳥の死について報告したという。

 愛鳥の急死について女性は取材の中で、「悔やんでも悔やみ切れません」とコメント。その上で、

  「私は愚かですが、同じような事故が起きませんように、あの子の死が無駄にならないことを祈るばかりです」

と訴えた。

 実際、アロマを焚いたによる小鳥の事故はよくあるものなのか。「小鳥のセンター病院」の池谷院長は29日の取材に対し、「頻繁に聞く事故ではありません」としつつも、

  「鳥を飼っているお客様から相談を受けた場合は、アロマディフューザーなどの使用は避けるように勧めています」

と話す。その理由について池谷院長は「鳥によって個体差があり、一概には言えないのですが」と前置きした上で、「アロマを焚くことで中毒死や呼吸不全などを起こす恐れはあります」と指摘する。

 具体的には、(1)アロマオイルの成分そのものにより中毒を起こす恐れ(2)ディフューザー自体が汚い場合、カビなどを部屋中に撒いてしまうケースがあり、肺炎などを起こす恐れ(3)臭いが体質と合わない場合、呼吸器不全を起こす恐れ――の3つの危険性が考えられるとした。
ーーーここまでーーー


週刊朝日の記事本文コピペ
週刊朝日の記事をコピペしてみました。
全部は載せられませんでしたが、取り敢えず記録に残したかったので・・・

ーーーーーーーーーー
頭痛、吐き気、めまい…“香りブーム”の裏で深刻化する「香害」〈週刊朝日〉

1/29(月) 7:00配信 AERA dot.
 巷では香りつきの洗剤や柔軟剤などが好まれ、“香りブーム”が続く一方で、他人の「香り」を不快に思う人がいる。さらには、この前までいい香りだと愛用していたのに、体調が悪くなるのでもう使えない、といった訴えも。においに関するトラブル“香害”の背景を探った。

「他人の柔軟剤の香りで息ができなくなった」「駅のホームで制汗剤を使われて、めまいがした」……。

 昨年7月と8月に行われたにおいのトラブルに関する電話相談「香害110番」。NPO法人日本消費者連盟が実施し、相談件数は2日間で65件、メールやファクスを含めると213件に及んだ。反響の大きさに同連盟の杉浦陽子さんは、こう話す。

「あの2日間は電話がずっと鳴りっぱなしでした。涙ながらにつらい気持ちを話される方もいて、事の深刻さを改めて実感しました」

 今回の相談で、もっとも多かった“苦情”が、「洗濯物の香り」だ。

「洗濯物を干したときに漂う洗剤や柔軟剤の香りです。『隣人の洗濯物の香りで息苦しくなる』『くしゃみ、頭痛、吐き気で窓が開けられない』といった相談がありました」(杉浦さん)

 柔軟剤は本来、洗濯物の洗い上がりをよくしたり、静電気を防いだりするために用いられてきたものだ。だが、その後、消臭機能が加わり、さらに独特の強い香りを放つ外国製品が一部で人気となったことから、香りづけにも重きが置かれるようになった。こうした製品の売り上げは好調で、業界団体の日本石鹸洗剤工業会の製品販売統計によると、2016年の柔軟剤の販売量は前年比119%、36万5千トンにのぼる。

 香りブームについて、においと心理の関係を研究する東北大学大学院文学研究科教授の坂井信之さんは、
「体臭を個性として捉え、香水をつけることで自己主張をしてきた西洋と違い、日本では近代以降、香りを身につける文化はほとんどありませんでした。むしろ集団の和を重んじる文化のため、個性を消すために、体臭を含む強いにおいは敬遠されていたのです」
 とした上で、個性を主張しすぎない洗剤や柔軟剤の香りは、没個性の日本人にも違和感なく受け入れられ、急速に普及していったのではないかと分析する。

 その一方で、最近では香りの行き過ぎが問題にも。例えば、無添加石けんを製造販売するシャボン玉石けんが、17年8月に香りに関する意識調査(対象者は20~60代の男女約600人)の結果を発表。回答者の約半数が「人工的な香りをかいで、頭痛・めまい・吐き気などの体調不良を起こした」、約8割が「他人のニオイ(香水や柔軟剤、シャンプーなど)で不快に感じた」と回答した。

「あくまでも“他人のにおい”という前提になりますが、不快に感じる、体調不良を起こす人が非常に多いと感じました。人工的な香りは本当に必要なのか、一度、考えてみる必要があるでしょう」(同社マーケティング部・富村達也さん)

 こうした香害の背景の一つに、必要以上に強いにおいを放つ人たちの存在がある。自分では適度と思った香りが周囲には迷惑になるケースだ。とくに同じ香りばかり使っている人は要注意。そのにおいに慣れ、感じなくなるからだ。環境生命医学が専門の東海大学医学部長の坂部貢さんが説明する。

「同じ刺激をずっと受けていると、その物質に対する感受性が低下してきます。これは一種の“ダウンレギュレーション”といえ、その結果、より強い刺激、より強いにおいを求めるようになってしまうのです」

 坂部さんによると、哺乳類をはじめ多くの生物は、種の違いをにおいの違いで察知している。だが、このダウンレギュレーションゆえに強い香りをつけるようになり、他人を不快にする香害が生じてしまうのだ。

 では、こうした香害を予防するにはどうしたらいいか。前出の坂井さんはこうアドバイスする。

「“いくつかの香りを使い分ける”“柔軟剤などであれば、自身の感覚に頼らずに使用量を守る”といったことが大切です」

 実際、柔軟剤などでは使用量が増えるほど、周囲が感じる香りも強くなることが実証されている。香り成分がより多く衣類に残留するためだ。日本石鹸洗剤工業会も、ウェブサイトで使用量の目安を守ることを通知している。


 香害はときに健康被害をもたらすことさえある。香料などの化学物質によって起こる健康被害「化学物質過敏症」だ。09年に病名登録された比較的新しい病気で、冒頭の香害110番では、相談の半数は化学物質過敏症の診断を受けていた。

「香りは好みの問題といわれますが、化学物質過敏症に関してはそういったレベルの問題ではない」

 と杉浦さんは言う。

 香りつき洗剤や柔軟剤の普及で、化学物質過敏症の疑いのある人が増えていると感じているのが、北海道で化学物質過敏症の診療を行う渡辺一彦さん(渡辺一彦小児科医院院長)だ。「1990年代後半のシックハウス症候群以来の患者数」と話す。

「4~5年ほど前まで新患は月に1~2人でしたが、香りブームが始まってからは週に1人以上は新患が来ています」(渡辺さん)

 患者を支援するNPO法人化学物質過敏症支援センター事務局長の広田しのぶさんは、「突然発症するというよりも、気がついたら症状が出ていたという例が多い」と話す。

「生活のなかで、体内に少しずつ化学物質が蓄積し、コップの水があふれるように、その人の限界値を超えると発症する。そのきっかけが、自分や他人がつけている香りであることが少なくないのです」(広田さん)

 主な症状には、皮膚のヒリヒリ感や皮膚炎、目がチカチカする、せき込みや鼻水、くしゃみが止まらないなどの「皮膚粘膜症状」と、頭痛やめまい、動悸、疲労感などの「精神神経症状」がある。進行すると、集中力や記憶力の低下などもみられる。また、一度発症すると、反応する化学物質の種類が広がり、より低濃度でも症状が起こり始める。化学物質過敏症の研究者でもある坂部さん(前出)は言う。

「この病気は、脳の一部である嗅神経が化学物質にさらされることがきっかけで起こる脳の機能障害。香料が批判の対象になりがちですが、無香料でも化学物質が使われていれば、症状は現れます」

 杉浦さんも「化学物質の総量が減らないと、解決しない問題」と訴える。

 治療には健康保険は使えるが、環境改善や症状を抑える対症療法以外に方法がない上、この病気を診られる医師も少ない。うつ状態や不安などを訴え、ドクターショッピングを繰り返した揚げ句、精神疾患と誤診される患者さんも多い。

「周囲の無関心、無協力も患者を苦しめている」(渡辺さん)とも。換気の良い場所に席替えする、柔軟剤の使用を控えるといった配慮や協力があるだけでも、ラクになることがある。だが、職場でそうした希望がかなわず、退職を余儀なくされるケースもある。広田さんは訴える。

「たばこを吸わない方は、“少し前に誰かがたばこを吸った”ことが残り香でわかりますよね。同様に化学物質過敏症の患者さんは一般の人にはわからない化学物質を感じ、その刺激で症状が出てしまうんです」

 迷惑になるだけでなく、健康へも影響を及ぼしかねない香害。いま一度、においとの付き合い方を見直すべきなのかもしれない。(本誌・山内リカ)

※週刊朝日 2018年2月2日号




週刊朝日の記事
週刊朝日の2月2日号に香害に関する記事が載っています。

このところの香料ブームで困っている発症者や
新しく発症した人が増えています。
本当にどうにかしてほしいです。


Yahoo!ニュースでも読めるのでご覧ください。

【頭痛、吐き気、めまい…“香りブーム”の裏で深刻化する「香害」〈週刊朝日〉】
1/29(月) 7:00配信
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20180126-00000005-sasahi-life&p=1



米国やカナダでは香料禁止の動きが拡大
Business Journalの記事です。

私の周りには香料で苦しんでいる人が大勢いますが、
発症者だけの問題でないことを分かってほしいです。
特に、次世代や次々世代の人たちへの影響が心配です。

ーーーーーーーーーー
「香害」が深刻化・・・芳香剤の健康被害続出、発がん性の指摘も

http://biz-journal.jp/2017/12/post_21662_2.html

米国やカナダでは香料禁止の動きが拡大

 香りビジネスが先行した北米では、香料の使用を規制している都市も出現しています。10年にミシガン州デトロイト市は、市職員に香料の使用を禁止しました。市職員が同僚の香料で呼吸困難に陥ったことがきっかけでした。

 翌11年には、オレゴン州ポートランド市も市職員に香料着用の自粛を呼びかけています。また、オクラホマ州タトル市も、香料の使用自粛を訴えるなど、全米に香料使用自粛の動きが広がっています。

 カナダでも香料使用自粛の動きは活発で、11年にノヴァスコシア州ハリファックス地域都市は、「職場での香料不使用」を宣言しました。以来、カナダでは無香料宣言をする企業・学校・病院が増え続けています。

 当然、脱臭芳香剤を販売する企業は売り上げ減になります。そこで次の有望市場として日本にターゲットを置き、「脱臭香りビジネス」を大展開しているのです。

 しかし、香料には危険な合成化学物質が多数使われているということを、消費者は肝に銘じておかなければいけません。さまざまな香り付け製品に使われている香料の99%は合成香料で、日本では約300種類近く製造されています。その中の十数種類をブレンドして香料として使っています。

 その一方で、どんな合成化学物質を使っているかは、企業の最高秘密のひとつになっています。つまり、「香料」と表示されている中には、10種類前後の合成化学物質が隠されているわけです。

 天然に存在せず、人工的に合成された香料を「合成ムスク類」といいますが、これらにはDNAを傷つける変異原性の強いものが多くあります。変異原性の強い化学物質は、高い確率で発がん性もあります。しかも、合成ムスク類は分解しにくい性質のため、人体への蓄積が懸念されます。

 実際、05~07に熊本大学・佐賀大学が行った共同研究で、日本人の母乳や脂肪組織に合成ムスク類の「HHCB」と「AHTN」が蓄積していることが明らかになっています。

 芳香剤など香り付け製品に使われる香料は、大半が合成ムスク類です。早急に使用規制をしないと、「香害」は深刻化するばかりです。
(文=郡司和夫/食品ジャーナリスト)


連続講座「暮らしの中の化学物質」
今年7月と8月に、香害について相談窓口を設置した
消費者連盟が行なう講演会です。

興味深い内容なので行きたい・・・、ですが
電車に長時間乗って御茶ノ水まで行くのはきついです。
柔軟剤や洗剤の香料がなければ行かれるのに・・・

ーーー日本消費者連盟HPから転載ここからーーー

2017年10月~12月 連続講座「暮らしの中の化学物質」のお知らせ

私たちが日頃、何気なく使っているものの中には、多くの化学物質が使われています。それらは、暮らしを便利にしてくれる反面、健康や環境を脅かしていることも。便利だから、安いから、と使っているものを一度見直してみませんか? 専門家を講師に迎え、わかりやすくお話しいただきます。意見交換の時間もたっぷりとります。

◆2017年秋 日消連の連続講座
「暮らしの中の化学物質~サヨナラしたいあなたに~」

第1回 「香害―そのニオイが体をむしばむ」
日時:10月9日(月・祝)午後1時30分~4時
講師:岡田幹治さん(ジャーナリスト)
汗のにおいが気になるからと、制汗剤や消臭剤などを使用する人が増えています。「香りブーム」で、芳香柔軟剤などの宣伝もひっきりなしです。でもそれが、香りの害で苦しむ「化学物質過敏症」の人や自分自身の健康にも影響を与えているのです。その実態や使わないで済ませる方法を考えます。

第2回 「終わっていない環境ホルモン問題」
日時:11月23日(木・祝)午後1時30分~4時
講師:中下裕子さん(ダイオキシン・環境ホルモン国民会議事務局長)
1990年代末に話題となった「環境ホルモン(内分泌かく乱化学物質)」問題。野生生物に様々な生殖異常がおこり、食べものや化学物質が原因とされました。その後、日本では関心が薄れてしまいましたが、欧米では研究が進み、EUは規制の枠組みを作りました。そうした動きや問題点を探ります。

第3回 「ネオニコ系農薬の環境リスク」
日時:12月16日(土)午後1時30分~4時
講師:関根彩子さん(国際環境NGOグリーンピース・ジャパン)
最近、グリーンピース・ジャパンが発行した「ネオニコチノイド系農薬の環境リスク」をもとに、ネオニコ系の農薬が環境に、そして暮らしにどのような悪影響を与えているのかについて解説していただきます。私たちが、どのようにこの問題と取り組んでいったらよいのかを具体的に考えます。

◎会場(3回とも同じ)
連合会館 5階501会議室(東京都千代田区神田駿河台3-2-11)
アクセス:地下鉄「新御茶ノ水」「淡路町」「小川町」B3出口前、JR「御茶ノ水」5分
http://rengokaikan.jp/access/

◎参加費
各回800円(日消連会員500円)
お得な3回通し券2,000円(日消連会員1,200円)

主催:特定非営利活動法人 日本消費者連盟
協力:フォーラム平和・人権・環境

【申込み・問合せ】日本消費者連盟
電話:03-5155-4765/FAX:03-5155-4767
電子メール:office.j(アット)nishoren.org  ※(アット)を@に変えてお送りください。
ーーー転載ここまでーーー