化学物質過敏症 つきあいかたのヒント
化学物質過敏症(CS)と電磁波過敏症(ES)とともに歩む泣き笑い日記
最新コメント

プロフィール

なごみ

Author:なごみ
自宅の外装工事がきっかけで化学物質過敏症と電磁波過敏症をほぼ同時に発症。その後、一進一退を繰り返していますが、できる限り普通の人として生きたいと思っています。

発症してしばらくは孤独な日々だったので、初めてCSの仲間と出会ったときは本当にうれしかったです。そんな人がきっとほかにもいるに違いない、との思いから仲間への呼びかけを始めました。発症から7年目のいまは多くの仲間たちに支えられて感謝の日々です。(2008年10月記)

・CS和の会代表
・カウンセラー
・シックハウス対策アドバイザー

【化学物質過敏症とは】
ごく普通に身の回りにある建材、家庭用品や化粧品などに含まれる化学物質に反応して、さまざまな身体的、精神的症状があらわれます。
まだ未解明な部分はありますが、ある一定量の化学物質にさらされると、
それ以降は微量の物質にも過敏に反応するようになるといわれています。
発症すると、ごく普通の社会生活がほとんどできなくなる人もいます。

【電磁波過敏症とは】
家庭内で使われている電気製品や携帯電話、パソコン、送電線などから出る電磁波で、化学物質過敏症と似た症状を起こすことが知られています。
化学物質過敏症と電磁波過敏症の併発率は80%と言われています。
     * * *
詳しいことは下記のサイトをご覧ください。
・ 化学物質過敏症支援センター
  http://www.cssc.jp/
・ 電磁波問題全国ネットワーク
  http://www.gsn.jp/index.htm
・ CS和の会~化学物質過敏症の仲間たち~http://home.n01.itscom.net/wanokai/

【注】 化学物質過敏症は反応するものがそれぞれ違うので、私が大丈夫のものでも他の方に大丈夫とは限りません。ここに掲載されているものをご利用なさる際は、あくまでもご自分でご判断くださいますようお願いします。

最新記事

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

FC2カウンター

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

熊本地震 被災者支援
連日熊本の状況がテレビで伝えられています。

一般の被災者でも厳しいのに
避難所や支援物資が使えない発症者にとって
避難生活は想像を絶するものがあります。

そんな発症者に支援物資が届くようにと
くまもとCSの会の方が窓口になってくださっています。
私も和の会の仲間と一緒に物資を送りました。

発症者には、発症者にしか分からない品物や
発症者ならではの気遣いができるような気がします。
(例えば、同じトイレットペーパーでも移り香のないお店で買うとか


お気持ちのある方は下記をご覧ください。
また、拡散もお願いします。

まきちのブログ 24時間営業中
http://ameblo.jp/higher-2412/entry-12151654963.html



熊本地震 お見舞い申し上げます
熊本地方で、4月14日から続けて何度もの大きな地震がありました。
余震もまだ続いているようです。

和の会のメンバーにも被災した人がいます。
たまたま法事で帰郷していて被災した友人、
1年前に新築して引っ越した友人もいます。
取りあえず無事は確認できたけれど
みんな大変な状況にいます。

また、被災した発症者が少なくないであろうことを思うと
本当に胸が痛みます。

せめて、早く余震が収まってほしい。
祈るばかりです。