化学物質過敏症 つきあいかたのヒント
化学物質過敏症(CS)と電磁波過敏症(ES)とともに歩む泣き笑い日記
最新コメント

プロフィール

Author:なごみ
自宅の外装工事がきっかけで化学物質過敏症と電磁波過敏症をほぼ同時に発症。その後、一進一退を繰り返していますが、できる限り普通の人として生きたいと思っています。

発症してしばらくは孤独な日々だったので、初めてCSの仲間と出会ったときは本当にうれしかったです。そんな人がきっとほかにもいるに違いない、との思いから仲間への呼びかけを始めました。発症から7年目のいまは多くの仲間たちに支えられて感謝の日々です。(2008年10月記)

・CS和の会代表
・カウンセラー
・シックハウス対策アドバイザー

【化学物質過敏症とは】
ごく普通に身の回りにある建材、家庭用品や化粧品などに含まれる化学物質に反応して、さまざまな身体的、精神的症状があらわれます。
まだ未解明な部分はありますが、ある一定量の化学物質にさらされると、
それ以降は微量の物質にも過敏に反応するようになるといわれています。
発症すると、ごく普通の社会生活がほとんどできなくなる人もいます。

【電磁波過敏症とは】
家庭内で使われている電気製品や携帯電話、パソコン、送電線などから出る電磁波で、化学物質過敏症と似た症状を起こすことが知られています。
化学物質過敏症と電磁波過敏症の併発率は80%と言われています。
     * * *
詳しいことは下記のサイトをご覧ください。
・ 化学物質過敏症支援センター
  http://www.cssc.jp/
・ 電磁波問題全国ネットワーク
  http://www.gsn.jp/index.htm
・ CS和の会~化学物質過敏症の仲間たち~http://home.n01.itscom.net/wanokai/

【注】 化学物質過敏症は反応するものがそれぞれ違うので、私が大丈夫のものでも他の方に大丈夫とは限りません。ここに掲載されているものをご利用なさる際は、あくまでもご自分でご判断くださいますようお願いします。

最新記事

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

FC2カウンター

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スマホ汚染から赤ちゃん・子どもを守る
リーフレット スマホ汚染

上記の小冊子が鳥影社から出されました。
著者は「あらかい健康キャンプ村」や「スマホ汚染」などを書いた
古庄弘枝さんです。

この頃はどこに行ってもスマホ片手の人が多くて驚きます。
赤ちゃん抱っこしてずーっとスマホしているお母さんを見ると
ハラハラします。

バカと鋏は使いよう、というけれど、
スマホもあくまでも道具です。
ものは上手に使ってこそ意味があるんです。

今の世の中、スマホに限らず
通信機器や電気製品を否定しては生活できないけれど
それらには健康被害もあると知ったうえで
上手に使って欲しいものです。

「スマホ汚染から赤ちゃん・子どもを守る」
http://www.choeisha.com/pub/books/55592.html

「スマホ汚染」
http://www.choeisha.com/pub/books/54861.html

「あらかい健康キャンプ村」
http://www.shinsui.co.jp/detail.php

スポンサーサイト
週刊金曜日
週刊金曜日「広がる香害」

週刊金曜日 
買いました。

香りつき柔軟剤で具合悪くなった人がいるというところから始まり、
香料で過敏症を発症した人のことや
香料の中には毒性のある物質が含まれているというところまで
6ページに渡って書かれています。

過敏症発症者だけの問題ではなく
誰でもが健康被害をこうむっている事実を
多くの人に知ってほしいですね。


出版物のお知らせ
あらかい冊子

あらかい健康キャンプ村10年の報告と
化学物質・電磁波・放射線対策マニュアルが出版されました。
http://blogs.yahoo.co.jp/alakaikenkomura/65449601.html
あらかい健康キャンプ村の池谷純仁さんの執筆です。
ご希望の方は下記へ
問い合わせ:ドリームアースネットワークNPO事務局
0241-66-3215 ( TEL&FAX) メールアドレス ikeya @21sense.com


もしも化学物質過敏症になってしまったら
もしも化学物質過敏症になってしまったら

もしも化学物質過敏症になってしまったら 
・・・それぞれの克服対策とは・・・

足立和郎著 アットワークス

発売されました。

著者は足立和郎さんの他に、6人の発症者です。
皆さんがそれぞれの経験や対処法を書いているのですが
発症の経緯や反応するもの、対処の仕方など
みんな違っていてとても興味深いです。

また、具体的な情報や対処法が書かれていて
すぐ役に立つこともいっぱい。

お奨めの一冊です。


新刊紹介「スマホ汚染」
「スマホ汚染」

「見えない汚染電磁波から身を守る」
「あらかい健康キャンプ村」
「携帯電話亡国論」などを書いている古庄弘枝さんから
新刊のお知らせが届きました。

早速注文して読みました・・・・・・
と言ってもまだざっと目を通しただけです。

情報が盛りだくさんで、
持っていると何かの時、すぐに役立ちそうです。
読み切るのにはまだ時間がかかりそうなので
まずはお知らせです。

「スマホ汚染」 古庄弘枝著 鳥影社 ¥1800+税
http://www.choeisha.com/pub/books/54861.html

――序章にある文章から――
スマホや携帯電話に使われている電磁波は、原発事故以来、福島原発から放出され続けている放射線と同じ仲間で、「電磁放射線」(Electromagnetic Radiation)と呼ばれるものです。スマホや携帯電話を使うたびに、私たちは電磁放射線を浴びているのです。全国でいま、電気使用量の計測器が「スマートメーター」に交換されています。それは、自宅に電磁放射線発生装置を取り付けられていることと同じです。私たちは、電磁放射線に加え、「香料」に含まれる有害化学物質、神経を狂わせ洗っても落ちないネオニコチノイド系農薬、遺伝子組み換え食品などによる複合汚染に、日常的に、さらされています。

↓目次はこちらをクリックしてください。
[READ MORE...]

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。