FC2ブログ
化学物質過敏症 つきあいかたのヒント
化学物質過敏症(CS)と電磁波過敏症(ES)とともに歩む泣き笑い日記
最新コメント

プロフィール

なごみ

Author:なごみ
自宅の外装工事がきっかけで化学物質過敏症と電磁波過敏症をほぼ同時に発症。その後、一進一退を繰り返していますが、できる限り普通の人として生きたいと思っています。

発症してしばらくは孤独な日々だったので、初めてCSの仲間と出会ったときは本当にうれしかったです。そんな人がきっとほかにもいるに違いない、との思いから仲間への呼びかけを始めました。発症から7年目のいまは多くの仲間たちに支えられて感謝の日々です。(2008年10月記)

・CS和の会代表
・カウンセラー
・シックハウス対策アドバイザー

【化学物質過敏症とは】
ごく普通に身の回りにある建材、家庭用品や化粧品などに含まれる化学物質に反応して、さまざまな身体的、精神的症状があらわれます。
まだ未解明な部分はありますが、ある一定量の化学物質にさらされると、
それ以降は微量の物質にも過敏に反応するようになるといわれています。
発症すると、ごく普通の社会生活がほとんどできなくなる人もいます。

【電磁波過敏症とは】
家庭内で使われている電気製品や携帯電話、パソコン、送電線などから出る電磁波で、化学物質過敏症と似た症状を起こすことが知られています。
化学物質過敏症と電磁波過敏症の併発率は80%と言われています。
     * * *
詳しいことは下記のサイトをご覧ください。
・ 化学物質過敏症支援センター
  http://www.cssc.jp/
・ 電磁波問題全国ネットワーク
  http://www.gsn.jp/index.htm
・ CS和の会~化学物質過敏症の仲間たち~http://home.n01.itscom.net/wanokai/

【注】 化学物質過敏症は反応するものがそれぞれ違うので、私が大丈夫のものでも他の方に大丈夫とは限りません。ここに掲載されているものをご利用なさる際は、あくまでもご自分でご判断くださいますようお願いします。

最新記事

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

FC2カウンター

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

「香害(こうがい)」アンケート

発症者仲間からいただいた情報です。
神奈川ネットワーク運動が「香害」について問題提起し、
対策を進めるアクションに取組むという目的でアンケートを募っています。
発症者の実情を知っていただけるいい機会です。
皆さん回答を寄せてみませんか。

「香害(こうがい)」アンケート

https://kanagawanet.org/kougai




お知らせ4つ
こちらも、発症者仲間からの情報です。
ちょっと魅力的で行きたいけれど、
電車で行くのは無理だなあ・・・
取り敢えずお知らせします。

ーーーーーーーーーーーー
『みんなのアレルギーEXPO2018』
http://expo.jeho.or.jp/
10/15 (月) 10/16(火)
京王プラザホテル4階花、ホワイエ、会議室(けやき、かえで)
〒160-8330
東京都新宿区西新宿2-2-1

ーーーーーーーーーー
『ナチュラル&オーガニックフェス』
http://www.tobu-dept.jp/sp/ikebukuro/event/detail/1695
10/11(木)~16(火)
10時~20時
(最終日18時まで)

池袋 東武百貨店 8階催事場
東京都豊島区西池袋1-1-25

ーーーーーーーーーーーーー
石けん運動ネットワーク
連続公開講座「化学物質による健康影響を考える」
~有害化学物質削減ネット-ク~
http://sekkennet.org/cat3/1903.html

ーーーーーーーーーーーーーーーー
日本消費者連盟秋の連続講座
「どうしたらいい? 私たちの食べものを守るために」
http://nishoren.net/event-information/10694

ーーーーーーーーーーーー


テレメンタリー2018「カナリアたちの叫び」がYoutubeで
先日お知らせしたテレビ番組
テレメンタリー2018「カナリアたちの叫び」がYoutubeで見られます。
見逃してしまった方はどうぞ。

https://www.youtube.com/watch?v=iFAwS04R1ts&feature=share



「香害被害者を「障害者差別解消法」で守る自治体も出てきた」ダイヤモンドオンライン
ダイヤモンドオンラインで
岡田幹治さんが書いている記事です。

『香害被害者を「障害者差別解消法」で守る自治体が出てきた』
https://diamond.jp/articles/-/181851

こうした理解がどんどん広まっていくことを期待します。

発症者の多くは周囲からなかなか理解されずに困っています。
けれど、黙っていては何も変わりませんね。
強く言いすぎて周囲と摩擦を起こしてはいけませんが
少しずつ上手に伝えていきましょう。 
理解者が増えてくると思います。

ーーーーーーーーーーーーー
香害被害者を「障害者差別解消法」で守る自治体も出てきた
香りつき商品の成分で化学物質過敏症などを発症する「香害」が深刻になるとともに、この「新しい公害」について認知が進み、これまでの対策より一歩、進んだ実効ある取り組みを始める自治体が出てきた。

今年の民間放送連盟賞が
「香害被害者」を追った番組に

 今年の日本民間放送連盟賞が9月20日に発表され、「放送と公共性」部門の最優秀賞に、テレビ金沢(石川県金沢市)の「化学物質過敏症~理解されない病に苦しむ患者たちを伝える6年間の放送活動~」が選ばれた。

 長い時間をかけた、丹念な密着取材から生まれた、さりげない描写の積み重ね。その映像が、患者の日常の苦労・息遣い・心の内までも生々しく伝える。活字では伝えきれない迫力があり、声高な主張(批判)は抑え、事実の掘り起こしに徹していることが説得力を増している。

 香害や化学物質過敏症(以下、過敏症)は、スポンサーへの配慮から民間放送としては取り上げにくいテーマだ。それに粘り強く取り組み、「過敏症を特殊な病ではなく、社会問題として伝えてきたこと」が評価された。

 一連の番組を制作したのは、同社報道制作局の辻本昌平さん(撮影・構成・編集)と中崎清栄さん(ディレクター・ナレーター)のコンビ。

 6年前に過敏症の女性に出会い、日常生活も困難になる深刻な病気があることに驚いたのがきっかけだった。

 以来、特別番組「ある日、突然…過敏症~化学物質に苦しむ患者たちの5年間~」(昨年5月30日放送)やニュース特集「学校に通えない子どもたち」(今年8月2日放送)など、10本近い番組を制作してきた。

 視聴者の反響は大きく、特別番組については「とてもよい番組だった。残念なのは、真夜中の誰も見ないような時間での放送だったことだ」などの声が寄せられた。金沢市議会でも取り上げられた。

 テレビ報道ではほかに、北海道テレビの昨年9月以降の3本のニュース特集(今年6月28日放送の「菓子店で新たな取り組み」など)と、NHK仙台放送局のニュース特集「香りの苦しみ」(今年7月13日ローカル放送、8月10日全国放送)が、過敏症への理解を深める番組だった。

企業が意見広告で
香りつき商品は必要か?と問いかけ

 6月5日、『朝日新聞』と『毎日新聞』に目を見張るような全面広告が載った。シャボン玉石けん(本社・北九州市)の1ページ全面を使った意見広告だ。

 紙面は、柔軟剤と思われるボトルから煙がもくもくと出ているイメージ画像が背景にある。

『日本に新しい公害が生まれています。その名は「香害」』と大きな活字。その下に「(前略)エチケットのつもりでつけていたあなたの服の香りが、だれかの健康を奪っているかもしれない。そこまでして、香り付柔軟剤や香り付洗剤を使う必要はあるのか。(中略)シャボン玉石けんは、あなたに問いたい」と続く。

 4日後の9日には両紙の朝刊に全面意見広告の第二弾が載った。

「学校がくさくて、(中略)みんなくさいふくをきて、学校に来てるから、ますます学校に行けなくて、こまってます」という小学生の手紙の写しがが掲げられ、「香害を知ってください」と大書されている。

 意見広告は大きな反響を呼び、ツイッターなどには「断固支持する!!」「強いメッセージを発してくれて、ありがとうございます」などの声が続いた。この意見広告を議会での質問に使った地方議員も少なくない。

 新聞記事では、『北海道新聞』生活部の岩内江平記者による「化学物質過敏症 誰もが発症の恐れ 救済急げ」(昨年6月25日)など5本の記事が、実態をよく伝えている(注1)。

(注1)9月に出版された『香りブームに異議あり』(ケイト・グレンヴィル著、鶴田由紀訳)と『シックスクール問題と対策』(加藤やすこ著)も、香害の理解を助ける。
前者は、香料で頭痛が起きるようになったオーストラリアの作家が、香料の危険性を徹底的に調べ、読みやすい文章で書きおろしたもの。やはり香害被害者である訳者は、あとがきで「被害者は声を上げよう」と呼びかけている。

家庭での香料使用に配慮を
教育長が保護者に要請

 こうしたメディアの報道などで香害に対する理解が広がる中で、学校現場や自治体で実効性のある取り組みも増えている。

 長野県安曇野市で今年7月下旬、市内の10小学校(児童総数約5000人)と7中学校(生徒総数約2700人)の保護者全員に、「香料についてのお願い」と題する教育長からの文書が配られた。

 文書は、近年、子どもたちが外界のさまざまな刺激に拒否反応を示し、学習に集中しにくい状況が生まれているが、香水・整髪料・柔軟剤・洗剤・シャンプー・制汗剤などに含まれる香料によって、頭痛・吐き気などの不快症状を訴える児童が出てきたことがその一つだと指摘する。

 学校では積極的に換気を行なうなどしているが、家庭での香料などの使用や来校のさいには配慮をお願いしたいという内容だった。

 北アルプスのふもとに位置する同市では、小林純子市会議員(無所属)が6月議会で「香害」を取り上げ、とくに成長期の子どもにとって柔軟剤の使用は要注意であり、国の規制を待つ間にも被害が広がる恐れがあるとし、市の対応を求めた(注2)。

 これに対し、教育部長が「保護者や業者など来校される方へ呼びかけるポスターを学校の玄関に掲示すること」と「保護者向けのチラシを作製・配布すること」を検討すると答弁。その一つをさっそく夏休み前に実施したのだ。

 多くの自治体が実施する香害対策の定番は、「過敏症などに関する情報のサイト(ホームページ)への掲載」と「使用自粛を呼びかけるポスター作製」だ。

 だがサイトを見るのは関心のある人に限られるし、ポスターも多くの人の目に留まる場所に掲示されるとは限らない(県が作製して市町村に配布したが、そのまま倉庫に眠っていた例もある)。

「学校だより」や「保健だより」で、注意を喚起している自治体もあるが、安曇野市のように教育長が直々に保護者に要請すれば、保護者も重く受け止めるに違いない。

 またポスターが学校の玄関に掲示されれば、いやでも来校者の目に留まるだろう(注3)。

(注2)安曇野市では、柔軟剤などのニオイに不快感を示す児童・生徒が5人、教職員1人が報告されているだけで、消費生活センターへの相談はないという。しかし小林議員には「ニオイの感じ方には個人差もあり、健康被害だとは言いにくい」などの声が寄せられており、被害が表面化しにくいのが現実のようだ。

(注3)給食当番が着て、週末に当番の子の家庭で洗濯する給食着をめぐり、強い柔軟剤臭が各地の学校で問題になっている。
 これについて日本石鹸洗剤工業会の繁田明・広報部長が最近、「(柔軟剤は)共有で使う給食着には用いない方がいいかもしれません」という見解を示した(8月21日付け『読売新聞』の「発言小町」欄)。学校関係者はこの見解を踏まえ、早急に給食着の洗濯方法を見直すべきだろう。

化学物質過敏症の人は
「障害者差別解消法」の対象

 宮城県名取市も、一歩、踏み出した。

 仙台市の南に隣接する同市では、斎(さい)浩美市会議員(共産)が3月議会でこの問題を取り上げ、まず過敏症はアレルギーとは別の、病名登録され、健康保険が適用される病気であることを確かめた。

 さらに過敏症が「障害者差別解消法」の対象になることを市側に確認させ、山田司郎市長から「しっかり啓発していきたい」との答弁を得た。

 障害者差別解消法(2016年4月施行)は、障害のある人もない人も互いにその人らしさを認め合いながら、ともに生きる社会をつくることを目的に制定された。

 国・自治体や会社・商店などに対し、正当な理由なく障害を理由として差別することを禁止するとともに、障害のある人から社会の中のバリアを取り除くため何らかの対応を必要とするとの意思を伝えられた時には、負担が重すぎない範囲で対応するよう求めている。

 過敏症患者がこの法律の対象に含まれることは、昨年2月の高橋千鶴子衆院議員(共産)の質問への政府答弁で明らかになっていたが、名取市はそれを改めて確認したわけだ。

 過敏症患者はこれを根拠に、災害時の避難所や通学する学校で特別な対応を願い出ることができる。

 名取市は5月、担当部局の幹部と市会議員が、地元の患者団体「みやぎ化学物質過敏症の会~ぴゅあい~」の佐々木香織代表から説明を受けて動き出した。

 まず市のサイトの健康センターの項目に「香害と過敏症」の説明を掲載し、過敏症の人から相談があった時は専門医や患者団体を紹介することにした。また、ぴゅあいが申請した4回の連続講座を「生涯学習グループ自主企画講座」に採用した。

 連続講座は10月から来年2月にかけ、勉強会、講演会、映画『いのちの林檎』の上映会を開き、過敏症の認知度向上と正確な知識の普及をめざす。

 ぴゅあいはいくつかの事業を来年度の市の協働事業にしてほしいとと申請している。

 佐々木代表は「行政と協働し、この問題に理解ある地元企業の協力も得て、名取市を、発症者を増やさない、発症者もそうでない人も共生できる地域にしていきたい」と話している(注4)。

 以上、二つの自治体の事例を紹介したが、「香害」をなくしていこうとする取り組みは、各地で始まっている(注5)。そうした取り組みが活発になることを期待したい。

(注4)協力企業は、合成洗剤も柔軟剤も使わないモハンクリーニング(本店・仙台市太白区)と、室内の空気質にこだわった住宅を造る大東住宅(本社・同市宮城野区)。

(注5)愛知教育大学付属岡崎中学校(愛知県岡崎市)では9月、1年家庭科の追求学習のテーマに香害を取り上げた。生徒たちは資料調べと討論の後、グループに分かれ、過敏症患者へのインタビューや街頭でのアンケートをして理解を深めた。

(ジャーナリスト 岡田幹治)



テレビ放映のお知らせ 「カナリアたちの叫び」
テレビ放映のお知らせです。
朝早いので私は録画してみるつもりです。

普段、夜はテレビのコンセントを抜いているので
うっかりコンセント抜かないように気をつけなくちゃ。

テレメンタリ―2018 
テレビ朝日 2018年10月7日 4:30~
「カナリアたちの叫び」
https://www.tv-asahi.co.jp/telementary/sphone/?theme=greenz_dev