FC2ブログ
化学物質過敏症 つきあいかたのヒント
化学物質過敏症(CS)と電磁波過敏症(ES)とともに歩む泣き笑い日記
最新コメント

プロフィール

なごみ

Author:なごみ
自宅の外装工事がきっかけで化学物質過敏症と電磁波過敏症をほぼ同時に発症。その後、一進一退を繰り返していますが、できる限り普通の人として生きたいと思っています。

発症してしばらくは孤独な日々だったので、初めてCSの仲間と出会ったときは本当にうれしかったです。そんな人がきっとほかにもいるに違いない、との思いから仲間への呼びかけを始めました。発症から7年目のいまは多くの仲間たちに支えられて感謝の日々です。(2008年10月記)

・CS和の会代表
・カウンセラー
・シックハウス対策アドバイザー

【化学物質過敏症とは】
ごく普通に身の回りにある建材、家庭用品や化粧品などに含まれる化学物質に反応して、さまざまな身体的、精神的症状があらわれます。
まだ未解明な部分はありますが、ある一定量の化学物質にさらされると、
それ以降は微量の物質にも過敏に反応するようになるといわれています。
発症すると、ごく普通の社会生活がほとんどできなくなる人もいます。

【電磁波過敏症とは】
家庭内で使われている電気製品や携帯電話、パソコン、送電線などから出る電磁波で、化学物質過敏症と似た症状を起こすことが知られています。
化学物質過敏症と電磁波過敏症の併発率は80%と言われています。
     * * *
詳しいことは下記のサイトをご覧ください。
・ 化学物質過敏症支援センター
  http://www.cssc.jp/
・ 電磁波問題全国ネットワーク
  http://www.gsn.jp/index.htm
・ CS和の会~化学物質過敏症の仲間たち~http://home.n01.itscom.net/wanokai/

【注】 化学物質過敏症は反応するものがそれぞれ違うので、私が大丈夫のものでも他の方に大丈夫とは限りません。ここに掲載されているものをご利用なさる際は、あくまでもご自分でご判断くださいますようお願いします。

最新記事

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

FC2カウンター

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

アメリカモンサント社に支払い命令の記事
モンサント社の農薬に関する裁判の記事です。
ラウンドアップは日本でもごく普通のホームセンターで売っています。
その危険性をほとんど知らされずに使っている現状を
多くの人に知ってほしいです。

ーーーーーーーーーーーー
【除草剤で末期がんに、米裁判 モンサントに約320億円の支払い命じる陪審評決】
http://www.afpbb.com/articles/-/3185756
2018年8月11日 12:58 発信地:サンフランシスコ/米国 [ 米国, 北米, ドイツ, ヨーロッパ ]

【8月11日 AFP】米カリフォルニア州在住で末期がんと診断されている男性が、がんになったのは農薬大手モンサント(Monsanto)の除草剤「ラウンドアップ(Roundup)」のせいだと同社を提訴した裁判で、陪審は10日、モンサントに約2億9000万ドル(約320億円)の支払いを命じる評決を出した。

 陪審は全員一致で、モンサントの行動には「悪意があり」、除草剤「ラウンドアップ」とその業務用製品「レンジャープロ(RangerPro)」が、原告のドウェイン・ジョンソン(Dewayne Johnson)さんの末期がんの「実質的」な原因だったと結論付けた。モンサントは上訴する意向を示した。

 8週間の裁判で、サンフランシスコの裁判所の陪審は、懲罰的損害賠償金2億5000万ドル(約280億円)と補償的損害賠償金や、その他の費用を合わせた計約2億9000万ドルを支払うようモンサントに命じる評決を出した。

 グラウンドキーパーとして働いていたジョンソンさんは、2014年に白血球が関与するがんの非ホジキンリンパ腫と診断された。同州ベニシア(Benicia)にある学校の校庭の管理にレンジャープロのジェネリック製品を使用していたという。

 世界保健機関(WHO)の外部組織である「国際がん研究機関(IARC)」は2015年にラウンドアップの主成分であるグリホサートを「おそらく発がん性がある可能性がある」物質と指定し、カリフォルニア州が同じ措置を取った。これに基づいて、この裁判は起こされた。

 モンサントは声明で「ジョンソン氏と家族に同情する」と述べた一方、「過去40年、安全かつ効果的に使用され、農業経営者らにとって重要な役割を担うこの製品を、引き続き精いっぱい擁護していく」として上訴する意向を示した。

■同様の訴訟 相次ぐ恐れ

 今回の裁判は、モンサント製品のせいでがんを発症したと提訴し、公判にこぎ着けた最初のケースだった。モンサントが敗訴したことで、最近ドイツの製薬会社バイエル(Bayer)に買収されたばかりの同社を相手取って数百件の訴訟が起こされる可能性が高まったと専門家らは指摘している。

 法廷で頭を垂れて座るジョンソンさんの後方に座っていたジョンソンさんの弁護団の一員で故ロバート・ケネディ(Robert Kennedy)元司法長官の息子に当たるロバート・ケネディ・ジュニア(Robert F. Kennedy Jr)氏は、「この評決をきっかけに、今後、新たな裁判が次々に起こるだろう」と述べた。(c)AFP/Glenn CHAPMAN



番号で分かるオーガニック
地元の友人からの情報です。

野菜や果物に付いてるシールの番号が意味する事
4桁で3か4で始まる=化学肥料使用
5桁で9で始まる=昔ながらの有機栽培。殺虫剤、化学肥料無し
5桁で8で始まる=遺伝子組み換え作物

http://kando1.net/2320

知りませんでした~

今度から気をつけて見てみます。


暑中お見舞い申し上げます。
暑い日が続いていますね。

昨日は熊谷で41.1度。
最高気温の記録を塗りかえたとか。
暑いはずです。

暑いのもつらいですが、
気温が高くなると揮発する化学物質が増えるので
発症者には何重にもつらい毎日です。

かく言う私も、エアコンをつけた部屋に閉じこもって日々を送っています。
普段は周りから入ってくるニオイを気にしながら
窓を開けたり閉めたりしているのですが
この頃はエアコンつけたまま窓開けをときどきしています。
(もったいない~

実は、普段の7月はここまで暑くなかったので
7月のおしゃべり会を計画をしたのですが
天気予報を見て中止にしました。
こんな暑い日に外出は避けたほうがいいです。

一日も早くこの暑さが去って欲しいです。



素敵なサイト「カナリアップ」
このところちょっと体調を崩しているなごみです。
皆さんはいかがお過ごしですか。

早速ですが、
今年2月にこの日記でご紹介した素敵なお店
倶知安のお菓子屋さんのちあきさんが
またまた素敵なサイトを立ち上げました。

ひとことでは言い尽くせないので
まずはサイトを見てください。

小さなお菓子屋のブランディング
香害への理解を広める「カナリアップ」のサイトがオープン!
https://sweets-fujii.com/blog/2018/06/post-3997/

カナリアップ
https://support-canaria.com/

わくわくする試みがいっぱい。
こんな理解の輪が全国に広がっていくといいな。
期待しています。





定例会でした
6月10日(日)は定例会でした。

参加者は、新しい方も含めて18名でした。

今回は話題がたくさんありました。
臨床環境医学会学術集会患者ブースの展示について、
朝日新聞の全面広告について、発症者の就労について、
障害年金と障害者手帳について、
スマートメーターについて、ヘルプマークについて、
院内集会の報告、和の会の今後について、
その他、たくさんの報告や話題がありました。

話題が多かったうえ、人数が多かったので
お一人お一人の話す時間が少なくて物足りなかったかもしれません。

あまりにも駆け足で報告したので、
1つ1つの話題について
改めてゆっくり話しを聞きたい、との声も上がりました。

帰る頃には雨が降り始めましたが、お帰りは大丈夫だったでしょうか。
気になっています。

次の定例会は10月14日です。
予定しておいてくださいね。

【追】
10月14日の定例会は新しく参加される方のみになりました。
ご注意ください。