化学物質過敏症 つきあいかたのヒント
化学物質過敏症(CS)と電磁波過敏症(ES)とともに歩む泣き笑い日記
最新コメント

プロフィール

Author:なごみ
自宅の外装工事がきっかけで化学物質過敏症と電磁波過敏症をほぼ同時に発症。その後、一進一退を繰り返していますが、できる限り普通の人として生きたいと思っています。

発症してしばらくは孤独な日々だったので、初めてCSの仲間と出会ったときは本当にうれしかったです。そんな人がきっとほかにもいるに違いない、との思いから仲間への呼びかけを始めました。発症から7年目のいまは多くの仲間たちに支えられて感謝の日々です。(2008年10月記)

・CS和の会代表
・カウンセラー
・シックハウス対策アドバイザー

【化学物質過敏症とは】
ごく普通に身の回りにある建材、家庭用品や化粧品などに含まれる化学物質に反応して、さまざまな身体的、精神的症状があらわれます。
まだ未解明な部分はありますが、ある一定量の化学物質にさらされると、
それ以降は微量の物質にも過敏に反応するようになるといわれています。
発症すると、ごく普通の社会生活がほとんどできなくなる人もいます。

【電磁波過敏症とは】
家庭内で使われている電気製品や携帯電話、パソコン、送電線などから出る電磁波で、化学物質過敏症と似た症状を起こすことが知られています。
化学物質過敏症と電磁波過敏症の併発率は80%と言われています。
     * * *
詳しいことは下記のサイトをご覧ください。
・ 化学物質過敏症支援センター
  http://www.cssc.jp/
・ 電磁波問題全国ネットワーク
  http://www.gsn.jp/index.htm
・ CS和の会~化学物質過敏症の仲間たち~http://home.n01.itscom.net/wanokai/

【注】 化学物質過敏症は反応するものがそれぞれ違うので、私が大丈夫のものでも他の方に大丈夫とは限りません。ここに掲載されているものをご利用なさる際は、あくまでもご自分でご判断くださいますようお願いします。

最新記事

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

FC2カウンター

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

おしゃべり会でした
9月21日はおしゃべり会でした。
参加者は5名。場所は表参道のクレヨンハウス※です。
オーガニックのお料理を楽しみながらたくさんの話題に花が咲きました。

おしゃべり会は自由にお話できるので、
定例会とは違った話題がたくさん出て楽しいです。
有意義な意見や情報もたくさん飛び交って
「また頑張ろう!」という気持ちになりました。

次のおしゃべり会は11月頃です。
体調を整えてまたお会いしましょう。


※ クレヨンハウス東京店 B1F
オーガニックレストラン「広場」
http://www.crayonhouse.co.jp/shop/pages/restaurant.aspx


スポンサーサイト
ご注意のお願い
蒸し暑い日が続いていますが
皆さんいかがお過ごしですか。

すっかりご無沙汰してごめんなさい。
暑さに弱い私はぐったりで、
ほとんど家に閉じこもり生活です。

早く涼しくなって欲しい・・・ 
ひたすら秋風を待ち望む毎日です。

さて、
最近、CS和の会が関与しているのではないかと
誤解を招くような表記の宣伝文が
あちこちに送られているようです。

内容は、化学物質過敏症治療のためのツボ療法の宣伝ですが
和の会とは全く関係ないのでご注意ください。




講演会のお知らせ
7月31日(日)に坂部貢先生の講演会があります。
主催はNPO法人 ダイオキシン・環境ホルモン対策国民会議です。
暑い時期ですがよろしかったらお出かけください。

ーーーご案内ここからーーー
講演会「においと化学物質過敏症」のご案内
 柔軟剤などの強い香料が原因で体調不良を訴える人が増えています。良いにおいを嗅いだ時と、不快なにおいを嗅いだ時では、私たちの脳の反応はどのように違うのでしょうか?
また微量な化学物質に反応する化学物質過敏症の人も増えています。化学物質過敏症の人では、においに対する脳の反応に違いがあるのでしょうか?
環境省は6年前から「環境中の微量な化学物質による健康影響に関する調査研究」を実施中です。また厚労省は室内空気汚染対策のために「シックハウス(室内空気汚染)問題に関する検討会」を開催中です。
その両方の委員会の中心メンバーで化学物質過敏症研究の第一人者である東海大学の坂部貢先生に、最先端の研究成果をご紹介いただき、におい被害と化学物質過敏症の共通点、また被害軽減のための対策について考えてみたいと思います。どうぞご参加ください。

日時:2016年7月31日(日) 午後2:00~4:00
会場:豊島区立生活産業プラザ3階大会議室
東京都豊島区東池袋1-20-15
JR山手線、東京メトロ(丸の内線、有楽町線、副都心線)、西武池袋線、
東武東上線(各駅「池袋駅」東口下車徒歩約5分)
資料代:1000円(会員500円)
参加人数把握のため、ご参加希望の方は
ファクス(03-5368-2736)かメール
( kokumin-kaigi@syd.odn.ne.jp )でご連絡下さい。
↓チラシは こちら
http://kokumin-kaigi.org/wp-content/uploads/2016/06/20160731総会記念講演会.pdf

主催:NPO法人 ダイオキシン・環境ホルモン対策国民会議
〒136-0071東京都江東区亀戸7-10-1 Zビル4階
   Tel.03-5875-5410 Fax.03-5875-5411
http://kokumin-kaigi.org/

ーーここまでーー


漏電の検査で・・・
電気保安協会の人が漏電の検査に来ました。
家族が不在だったので私が対応したのですが・・・
検査員の服の洗剤や持ち物のニオイにやられました。

玄関の外ではそれほどクサイと思わなかったのに
家の中に入ると強烈です。

私がCSとESであることを話して
マスクを重ねて、離れた場所で対応したのですが
目がヒリヒリ、鼻がムズムズ、頭がボー、
そのうち朦朧としてきて・・・
きつかったです。

検査員が帰った後、
家じゅうを開け放ち、扇風機全開で換気、
ほんの5分程居たニオイを抜くの丸一日かかりました。

普段からごく限られた場所ならそこそこ外出しているので、
他人から見たら何でも普通にできる人だと思われがちですが、
外で曝露してきた化学物質を排出したり
体を休められる家があるからできることなんです。
クリーンルーム化しているその‘家’を汚されるのは恐怖です。


寂しいです
お隣の奥様が亡くなりました。
とってもよくしてくださった方なので残念です。

引っ越しの挨拶に行った数日後、
私が過敏症であることにを伝え、
「庭木などに薬剤を撒くときは知らせてほしい、
窓を閉め切って外に出ないようにするから」
とお願いをしたのですが、
その数日後
「他にどんなもので具合悪くなりますか。
知らずに使ってしまうといけないから教えてください。」
と言ってくれた奥様です。
その優しさがうれしくて涙が出そうでした。

過敏症を発症して転々と住まいを変え、
最後にここに引っ越してきた私ですが、
どこに行っても新しい土地で知り合いもなく、
症状があるため積極的に友達を作ることもできず
一人で心細い思いをしていたのです。

その後も、塀越しにお話したり
庭の柿の実や花の苗を分けていただいたり、
私が庭で作った野菜を差し上げたりしました。

しばらく前から病気で入院していると聞いていたのですが
先日亡くなったそうで、残念で残念でたまりません。

残念ながら葬儀には参列できないので
会場の前まで行き、車の中から心の中で手を合わせてきました。

ありがとうございました。
ご冥福をお祈りします。




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。